木曜日, 4月 18, 2024
ホームアプリ【11の国で新登場】公式ChatGPTアプリが話題に!

【11の国で新登場】公式ChatGPTアプリが話題に!

OpenAIは、ツイートにて公式ChatGPTモバイルアプリがより多くの国で利用可能になったことを発表しました。先週、OpenAIがモバイルアプリを発表した時点では、アプリはiOSおよび米国のみで利用可能でした。現在、ヨーロッパ、韓国、ニュージーランドなど多くの国に住む人々がApp Storeからアプリをダウンロードできます。

ChatGPTアプリは、広告なしの無料アプリです。ChatGPTに慣れ親しんでいる人々にとって、文字通りチャットボットとのやり取りをするだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。

ChatGPTが今利用可能な国の完全なリストは下記の通りです:アルバニア、クロアチア、フランス、ドイツ、アイルランド、ジャマイカ、ニュージーランド、ニカラグア、ナイジェリア、韓国、英国、米国。再度申し上げますが、アプリは現在iOSのみで利用可能です。OpenAIは発表で、Androidアプリも「まもなく」リリースされることを約束しました。

アプリを開くと、画面下部のテキストボックスに入力し始めることができます。これは、任意のメッセンジャーアプリでメッセージを送信するように機能します。Appleの組み込み音声認識機能を使用してテキストを指示することもできますが、音声入力にはOpenAIのオープンソース音声認識システムWhisperを活用することもできます。

送信ボタンを押すと、OpenAIはリクエストを処理し、AIによる生成された回答を返します。情報を補足したり、別の回答を求めたりすることができます。アプリはコードブロックをサポートし、ユーザーは回答をコピー&ペーストすることができます。

ChatGPTはデフォルトでチャット履歴を保存し、モデルのトレーニングに使用します。この機能が有効になっている場合、ユーザーはデスクトップで自分の会話を見つけることもできます。データ共有を無効にする方法は、チャット履歴も無効にしなければならないことに注意してください。

ChatGPT Plusの加入者は、モバイルアプリを通じてGPT-4の能力にアクセスできます。ユーザーはより高速な応答時間にも気付くことができます。ChatGPT Plusは、デスクトップでは月額20ドルで、ローカル通貨でのアプリ内購入も可能です(ヨーロッパでの費用は月額22.99ユーロ、英国では19.99ポンドなど)。

この、数多くのヨーロッパ諸国を含む拡大は、OpenAIのCEOであるSam Altmanが今週ヨーロッパの首脳と会う中、興味深いタイミングとなっています。Altmanは、急かされたAIの規制政策に対して批判を表明しています。そして今、ChatGPTがヨーロッパでより利用しやすくなり、「アプリをダウンロードしてください」と言うことができるようになりました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments