金曜日, 2月 23, 2024
ホームアプリ【AIに特化したWindowsアプリストアが登場!】Microsoftが大改革を発表

【AIに特化したWindowsアプリストアが登場!】Microsoftが大改革を発表

今や、Microsoft Store(以前はWindows Storeとして知られていた)は、低品質のツールでいっぱいだったため、ある種の軽蔑的な評判があったが、Windows 11のローンチに伴い、Microsoftはそのストアを大幅に改良した。そして、今日、年次のBuild開発者会議で、ストアにいくつかの新機能を追加している。Microsoft全体の方向性を考えれば、これらの新機能の多くがAIを中心に展開されることは驚くべきことではない。AIに焦点を当てた新しいセクション、AIによって生成されたレビューの概要、そして近日公開予定のプロダクトセンターにおけるAIによるタグ付けなど、多数の新機能が加わった。

また、Windows 11でストアを公開することにより、Microsoftは重要な変更を加えた。それは、ネイティブアプリ、プログレッシブウェブアプリ、Androidアプリ、またはFlutterアプリであろうと、すべてのアプリをストアに登録できるようになったことである。Microsoft StoreのゼネラルマネージャーチームGiorgio Sardo氏は述べた。「この旅路は2年の間続いているが、今後どのようになるか、私たちにとっては興味深いだろう。私は非常に興奮している。私たちが開放性に対して取り組んでいることにプライドを持っている。私たちが開放性にフォーカスを当てていることで、エンドユーザーと開発者にとってより良い製品を作ることができると信じている」と。

Sardo氏は、過去1年間にWin32とProgressive Web Appsの数が倍増し、WhatsApp、Adobe Express、TikTok、Disney +、SnapChatなど、多数の重要なアプリが現在ストアで利用できるようになったことにも言及した。また、Windows 11デバイスを新たに購入するユーザーの50%が最初の30日間にストアを使用するとも述べた。

新しいAIハブでは、Microsoftは左側のサイドバーに最初のテーマハブを導入している。その他のオプションには、アプリ(一般的なもの)、ゲーム、映画、テレビ番組がある。今回、AIハブでは、Luminar Neo、Lensa、Descript、Podcastle、Copy.aiなどのアプリを紹介している。これは、AIに関する全体的な興味に乗じるためだけでなく、モバイルアプリやWebだけでなく、Windows上でもこのようなアプリ体験が可能であることを強調するためである。

今回のアップデートで、Microsoft Store Adsにもいくつかの変更が加わった。開発者はBing.comの関連する検索結果に広告を表示させることもでき、米国を超え、世界150の地域に拡大する予定である。また、ストアの最も目立った場所であるスポットライトセクションに表示される、ビデオ広告を含むハイインパクト広告を作成することができるようになる。今までは、アプリ選択はストアチームの編集選択によって行われていたが、広告も含まれるようになる。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments