木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【最先端のAIチャットアプリが登場!】OpenAIがiOS用ChatGPTアプリをリリース!

【最先端のAIチャットアプリが登場!】OpenAIがiOS用ChatGPTアプリをリリース!

ChatGPTはモバイルへの展開を開始しました。OpenAIは本日、iOSオフィシャルアプリのローンチを発表し、ユーザーが人気のあるAIチャットボットにアクセスできるようになりました。これは、App Storeが多数の不正確なChatGPTアプリに満たされた数ヶ月後のことです。
新しいChatGPTアプリは無料で使用し、広告は表示せず、音声入力も可能であるとされています。しかし、発売時は米国ユーザーに限定されます。

デスクトップ版と同様に、ChatGPTアプリを使用すると、従来のウェブ検索をせずにAIチャットボットとやり取りでき、アドバイスを受けたり、インスピレーションを得たり、学習したり、調べたりすることができます。Appleの音声アシスタントSiriやApple自身のAIの進歩に問題があることから、新しいリリースは、ユーザーが主要なモバイルヘルパーとして自分の電話でChatGPTを試すことを促すかもしれません。今回の発売は、AppleのiPhoneにおいてSafariのデフォルト検索エンジンであるGoogleに可能な影響もありえます。

モバイル版のChatGPTを使用する場合、アプリはデバイス間で履歴を同期します-つまり、ウェブインターフェイスを通じて以前検索したものを知り、アクセスできるようになります。アプリはWhisper、OpenAIのオープンソース音声認識システムとも統合されており、音声入力が可能です。

ChatGPT Plusの加入者は、OpenAIによると、新しいアプリを通じてGPT-4の機能にアクセスでき、新機能に早期アクセスし、返信時間が短くなるとのことです。サブスクリプションは、2月に発売され、ChatGPTへのアクセスやピーク時でも20ドルのアップグレード機能などが含まれます。

OpenAIは、米国の今日の発売を開始に新しいアプリを展開すると発表していますが、近々他の国々にも展開される見込みです。Android版は「まもなく登場する」とヒントもされました。

開発と連携することにより、Google、マイクロソフト、Facebookなどの主要な技術企業はAIを実験しており、GoogleとMicrosoftは検索エンジンにAI機能を統合しています- Microsoftは実際のところ高価なOpenAIとのパートナーシップを通じて、最近オープンしたBing ChatというチャットボットにもAI機能を統合しました。検索エンジンやブラウザ以外でモバイル上で直接ChatGPTにアクセスできることは、人々が今日電話を使用して情報を検索したり接続したりする方法を揺るがす可能性があります。

検索アプリのAI統合に比べてOpenAIのモバイルアプリの魅力的な点の1つは、広告なしということです。OpenAIのブログ投稿で、ユーザーは「広告や複数の結果をひも解かずに瞬時に回答を得ることができます」と述べています。この声明は、BingがすでにAI機能を持つBing Chatに広告を挿入する傾向にあることを示唆しており、また、検索エンジンを少し馬鹿にするということです。

ChatGPTアプリがリリースされた理由の1つは、iPhoneでのChatGPTとAIへの消費者の需要があるということです。アプリストアインテリジェンスプロバイダーdata.aiの最近の調査によると、モバイルAIアプリのトップ10は、ことし年初の3月末までにすでに1,400万ドル以上の消費者支出を生み出したということです。消費者の平均日間支出は2月に比べて11%増加しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments