月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【これが未来の気候テック!】2023年の気候テック予測

【これが未来の気候テック!】2023年の気候テック予測

>昨年、気候テックは軟着陸の懸念に直面しながらも、ベンチャーキャピタルやスタートアップ界隈が資金を節約する中で無敵の存在と思われていました。2022年における気候テックの投資家や創業者たちは、2021年の水準には及ばないものの、下降トレンドには陥りませんでした

その一方で、今年の第1四半期には、気候テックとより広範なテック業界を隔てるファイアウォールに亀裂が見え始めました。取り扱った件数や投資額を、前年同期と比較した場合、半分以上の減少が見受けられたのです。

それでも、このセクターが急につまずいたのは、単なる誤解で終わるか、それとも下降トレンドの幕開けであるのかについては、まだ単純な回答は出せません

例えば、インフレ削減法案は、予定よりも早く取引が成立するように心がける必要があると考えさせられたかもしれません。8月に署名されたこの法律は、新しい規制やインセンティブによって支援を提供するだけでなく、一部の気候技術を国民的な会談の場に引き上げたため、多くの創業者は歓迎して意外だったと話しています。

そのため、先延ばしにしようかと考えていた創業者が計画の加速を余儀なくされた可能性もあります。それにより、今年のパイプラインがやや乾いた結果になるかもしれません。

あるいは別の見方をすれば、Arch Rao氏によると、「気候テック企業の修正は、スペシャルパーパス・アクイシション (SPAC) や単一の優勝者にみせかけて公開された企業に対して、大部分が行われた」とのことです。

その後、SVBが破綻しました。同行の崩壊は、他のいくつかのセクターほど、気候テックに大きな打撃を与えませんでしたが、同行は気候テックスタートアップに好意的であり、コミュニティソーラープロジェクトの合計資金調達額の約60%を占めていました。

しかし、影響はより深いレベルで感じられました。SVBの破綻は、その対象であることに関わらず、VC企業やスタートアップを運用することを容易にしませんでした。Congruent Venturesのマネージング・パートナーであるAbe Yokell氏によれば、「運用上、あなたが企業を運営している場合、SVBの件によって新しい取引が滞りました。資本コールを行うことができなかったり、ラインオブクレジットやシンジケートの誰かを使うことができなかったりします」。

そのため、SVBと市場が新しい規制体制に反応したことにより、第1四半期はこれまでのトレンドから逸脱する結果となりました。

では、2023年の残りの部分はどうなるのでしょうか?

Abe Yokell氏は、取引のペースが大体維持されるだろうと推測しています。「私の予想では、件数の面で見れば、スムーズに進むことになると思います。エンジェルラウンドと中・後期ステージでも、引き続き多くのフローが見られます」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments