月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【Twitterが大変革!】組織認証プランを割安に提供へ

【Twitterが大変革!】組織認証プランを割安に提供へ

Twitterは、月額1000ドルかかる組織認証計画の代わりに、小規模ビジネス向けの安価なプランを検討している。先週末、イーロン・マスク氏がTwitterで発言し、会社が小規模企業向けの安価なプランを開発中であることを明らかにしたが、コストの詳細はまだ公表されていない。

Twitterのオーナーは、認証を申請する組織が不正行為に関与していないことを確認するために、新しいオンボーディングプロセスを検討していると述べた。

現在、ブランドは、ゴールデンチェックマークを取得するために、認証に月額1000ドル、加盟会員アカウントに月額50ドルを支払う必要があります。小規模企業にとっては、存在感を維持するために、かなりの費用がかかることがあります。

いつものように、マスク氏は、新しいタイプのコスト、どのような企業が資格を得ることができるか、Twitterが新しいタイプをいつ発表するのかなど、詳細については一切明かさなかった。

ソーシャルネットワークは、有料認証を進めてきています。特に、先月レガシーチェックマークを削除した後、多くの組織が認証ステータスを失ったことからです。

同時に、Twitterは、広告を行うには、Twitter Blueまたは組織認証プランに加入する必要があるという電子メールを、さまざまなアカウントに送信し始めました。

「4月21日から、@accountは確認済みのチェックマークが必要です。また、Twitter Blueまたは確認済み組織のどちらかに加入する必要があります。月額1,000ドル以上を支出するビジネスアカウントは、すでにゴールドのチェックマークがあるか、すぐにあるようになり、今後も広告にアクセスできますが、中断はありません。」

組織認証は、Twitterに限られていません。先週、Gmailは、ユーザーにメールを送信するブランドが正当であることを確認するために、Blue認証済みチェックマークを導入しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments