火曜日, 2月 27, 2024
ホーム環境【VC注目のワイルドファイア・スタートアップ!】新興企業が多数登場する意味とは?

【VC注目のワイルドファイア・スタートアップ!】新興企業が多数登場する意味とは?

野火とその被害は、問題が大きくなっています。アメリカでは2022年だけで66,000件以上の山火事が発生し、これらの自然災害は主にカリフォルニアで起こるものと考えている人が多いですが、全国的に発生し、数百万ドルの被害をもたらしています。

ハリー・スタッターは、建物世界と自然の因果関係の交差点に焦点を当てているため、このことをよく知っています。彼は2012年に、彼が設立した林業会社で働いていたときに、山火事において建物や構造物がなぜ燃えるのかを調査することに決めました。90%の構造火災の原因は、山火事から最大7〜24マイル離れた場所にいる風によって運ばれた灰です。そこでスタッター氏は考えを改めました。

“消防士がその建物にいて、構造物を守るように活動し、大量の構造物を保護するために消防士をスケールすることは単純にできません。また、消防士は人々の命を守るためにそこにいるのであり、私有財産を保護するためにはそこにいないのです。山火事中、彼らは人々の安全な避難を促進しており、人々の家を守っているわけではありません。”と彼は私に語りました。

スタッター氏はFrontlineを設立し、地理空間ソフトウェアを使用した外部散水システムを構築しました。家が範囲内にあれば、Frontlineのソフトウェアが散水システムを作動させ、ユーザーに次の行動についてアドバイスを提供します。10年後、同社はエコロンをリードとする64百万ドルのシードラウンドを調達し、スケールを始めています。

“我々は非常に速く成長しており、当社の技術に対する需要が急増しています。”と彼は言いました。“我々はスケールするためにシリーズAラウンドを調達するつもりです。”

ただし、Frontlineは銀の弾丸ではなく、火災の被害を緩和し、より良い生活をするために広範囲な技術のスイートが提供されるまで、まだ長い道のりが残されています。しかし、変化の基盤は既に築かれ始めています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments