木曜日, 4月 18, 2024
ホーム環境【VCが注目する次世代企業!】Wildfire Startupsが話題になる理由

【VCが注目する次世代企業!】Wildfire Startupsが話題になる理由

山火事と、そこから起こる被害は問題は増え続けています。2022年だけで米国は66,000件以上の山火事を目にしました。多くの人々がこの自然災害を主にカリフォルニアの問題として考えていますが、国中で発生し、数百万ドルの損害を引き起こしています。

ハリー・スタッターは、建築物や自然災害がある世界の交差点に関する仕事をしている人物です。2012年、自身が創設した林業会社で働いていた頃、山火事で建物や構造物が発火する原因について調査をすることにしました。彼は、風に吹かれる燃えカスが障害物に触れることが原因で、建物の90%が燃えるという事実を発見しました。燃えカスは、山火事から7〜24マイルも飛ぶ可能性があります。彼は方針転換を決断しました。

スタッターは「現役の消防士が資産の場所にいて、その建物を守ることによるアクティブ防御は、火災にさらされた建物の数に対応する消防士を配備することは不可能です。加えて、消防士は生命安全の保証のために一生働くことになっています。彼らは資産保護のために勤務するわけではありません。山火事の間は、人々の安全な避難を支援し、人々の家を守るためにいたわけではありません。」と私に話してくれました。

スタッターはFrontlineを設立し、ジオスペーシャルソフトウェアを使用した外部散水システムを開発しました。もし住宅が範囲内にある場合、Frontlineのソフトウェアは散水システムを作動させ、ユーザーに次の行動についてアドバイスを提供します。10年後、同社はEchelon主導の640万ドルのシードラウンドを調達し、拡大に着手しています。

彼は「私たちは非常に急速に成長しており、私たちの技術に対する需要が非常に高いため、シリーズAラウンドを実施しているところです。」と述べました。

しかし、Frontlineは銀の弾丸を意味するものではなく、火災からの被害を和らげ、それらと共存するための広範な技術のスイートが実現するまでまだまだ長い道のりがあります。しかし、そのための基盤は始まっています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments