土曜日, 6月 10, 2023
ホームガジェット【驚異のAR世界へ!】Augmentalがついにリリース!

【驚異のAR世界へ!】Augmentalがついにリリース!

世界中において、約6人に1人が障害を持っています。けがや病気などにより、移動に障害を持つ人もいます。コミュニケーション技術や操作技術には素晴らしい進歩があるものの、改善の余地はあります。MITメディアラボのスピンオフ企業であるAugmentalは、新しく発表したMouthPadがとても注目を集めています。

支援デバイスについて考えると、目を追跡する技術や口で操作するジョイスティック、音声認識支援を思い浮かべるかもしれません。ところが、Augmentalの共同創設者であるトマス・ベガ氏は、これらの多くのデバイスが古い技術に頼っていることや、口で操作するジョイスティックの場合は邪魔だと指摘します。使い勝手が悪く疲れるだけでなく、プライバシーにほとんど気を配っていないことや、歯に悪影響を与えることもあるからです。

「Augmentalは、それらすべての制限を克服するインターフェースを作成することを目標としています。表現力、プライバシー、シームレスな操作性、そしてスマートさを兼ね備えたインターフェースを作成しました。それは手を使わずにコンピューターを操作することができる内部インターフェースである MouthPadです」とベガ氏は語っています。

Augmentalのチームは、MouthPadの開発を技術の通常の進歩の一部と考えています。

「しかし、これを見ると、通常の進歩を見るように自分自身を語れます」とAugmentalの共同創設者であるコルテン・シンガー氏は語っています。「かつてはメインフレームルームが存在していましたが、今ではデスクトップ、そしてラップトップが普及しています。現在のランドスケープに存在するテクノロジーに対応できるように、シームレスな人間と機械の統合に向けて話しているのです。」

MouthPadは、歯科矯正装置や歯を保持するための義歯と同様の形状をしていますが、ユーザーは舌を使ってBluetooth接続のデバイスを操作することができます。歯科スキャンを使用して、各MouthPadは個別に作成され、ユーザーに完璧にフィットするようになっています。

「私たちの超カスタマイズされたデザイン、つまり歯科スキャンを使用して個別に作成していることにより、ユーザーの解剖学に完璧にフィットするようになっています」とシンガー氏は言います。「非常に薄く、低いプロファイルのデバイスを設計することができ、スピーチに影響を与えることなく、スピーチインタフェースが便利であることを反映するように設計したかったのです。」

「はい、スピーチインタフェースはプライバシーがないですが、とても素晴らしいものです」とシンガー氏は述べています。「スピーチインタフェースを使用することができるように設計することも求められます。もちろん、スタンドアロンオプションとしても利用することができますが、現在のテクノロジーランドスケープに合わせて、存在する阻害を削除するわけではありません。」

AugmentalのMouthPadには、8方向への操作が可能です。舌は、X軸とY軸を操作することができ、また圧力をかけることもできます。頭の動きや活動をモニターするためのモーションセンサーもあります。さらに、噛みつくことでクリックができる可能性があります。

MouthPadに組み込まれた多様な制御オプションは、さまざまなデバイスと一緒に使用することができます。TechCrunchがAugmentalのチームに話を聞いたところ、MouthPadをどのように使っているか、テストユーザーの例を教えてもらいました。

「我々には、4肢麻痺のゲーマーがいます。彼らはジョイスティックしか操作できないので、彼らが知っているストラフとエイムを同時に行えるように設定を補完しています」とベガ氏は言います。

「そして、クリックとドラッグを非常に精密に行うことができないデザイン業務に携わるユーザーもいます。ですので、彼らがクリックイン、クリックアウトするためのつかむ動作を作成しました」とベガ氏は言います。

仕事、遊び、そして遊び

しかし、MouthPadはゲームや仕事に使われるだけでなく、脊髄損傷を持つ人が自律的な性的行為に従事することを可能にするために、セックストイに接続されてもいます。シンガー氏は、このような用途に驚かれている人もいると述べましたが、本当に、特別なことではなく、人々の生活をより良くする機能であると考えるべきだと言います。

「これは、私たちが話し合うべき会話の一部です。普遍的なアクセシビリティとデジタル格差に関するテーマです。」とシンガー氏は述べています。

現時点では、Augmentalチームは、MITやバークレーの投資家からプレシード投資を調達しています。最近、MouthPadを申し込むためのウェブサイトを開設し、ウェイトリストに登録することができるようになりました。しかし、まだ少し時間がかかるようです。

「デバイスを出荷・販売する前にFCC認証を終わらせる必要があります」とシンガー氏は説明しています。「お客様の口に入れることができるようになるまで。」

以下の動画デモを用意しましたので、ぜひ御覧ください。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments