金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【あなたの近所にAIがやってくる!】NextdoorがChat GPTを活用した新アシスタント機能をローンチ

【あなたの近所にAIがやってくる!】NextdoorがChat GPTを活用した新アシスタント機能をローンチ

地域社交ネットワークのNextdoorは、自社で開発したジェネレーティブAIによる新機能を発表しました。特に、Nextdoorは新しい「アシスタント」機能をリリースし、アプリ上での投稿に役立ちます。この機能は選択されたユーザーとのテスト段階にあり、 OpenAI’s ChatGPTを利用し、利用者がより良い投稿をするのを助けます。

アシスタント機能は、ポジティブなコミュニティ参加を促進するために投稿のライティングを手助けすることが目的です。新しい投稿を書く際に、利用者は修正案を確認して編集することができます。加えて、アシスタントは、同じ意見をよりフレンドリーな方法で表現するために、悪意のあるコメントを再構成する方法を提案します。

「ChatGPTは、11月にローンチしたため、我々は独自の地元の知識にChatGPTテクノロジーをトレーニングする機会があると考えました。利用者がより魅力的な記事を作成できるのを支援すると思います。それで、あなたの記事を作成する方向でイレギュラのマネージャーができます。アシスタント機能が「隣人よ、この投稿をリフレーズするか、言い換えることができますか? それによって、あなたのコミュニティに関わる事ができます。」と言うことができる。アシスタントはあなたが投稿を作成し、最終的に微調整するのを手助けできる」と、技術系ニュースサイトTechCrunchでNextdoor CEOのSarah Friar氏がインタビューで語っています。

Nextdoorには、現在「Kindness Reminder」という機能があり、利用者にコミュニティのガイドラインを通知し、悪意のある投稿の反省を促しています。新しいアシスタント機能では、Nextdoorはユーザーがより寛容な印象を与えるように投稿を書き換えるのを手助けします。 例えば、あなたがある道路に新しいスピードバンプが追加されることを隣人と議論している場合、あなたが苛立った反応を記入した場合、アシスタントはあなたが書いた投稿を再構成するための手助けをします。

さらに、Nextdoorは、新しいジェネレーティブAI技術により、会話のトピックや文脈を分析してより個人に合わせた内容を提供できるようになったとしています。これにより、Nextdoorはコンテンツをユーザーに合わせてマッチングし、ローカルニュース、イベント、活動に対するよりターゲットに絞った提案を提供できます。

本機能のリリースにあたって、Friar氏は安全性を最重要課題と位置づけ、利用者が新しい機能を利用する必要はないと明言しています。例えば、アシスタントが提案する修正案を採用する必要はなく、利用者はプラットフォームの規則に従いながらも、自分自身で投稿できます。

Nextdoorによると、この新機能は最初、利用者の25%を対象にテストを開始し、本日からより広く提供する予定であり、まずはアメリカ合衆国で段階的に提供していき、その後、Nextdoorが展開している他の市場でも提供する予定です。Friar氏は、Nextdoorは本機能について引き続きテストし、すべての利用者に対して安全に展開する肝心な点を確認し続ける計画であることを強調しています。また、NextdoorはジェネラティブAIモデルのテストを継続し、AIの活用を推進するための製品リーダーやエンジニアを採用するDedicated Generative AI teamを構築しています。

昨年、Nextdoorは、新しいプロファイルやより多くのコミュニティビルディング機能を備えた新しいアプリをリリースしました。これらの変更は、長年にわたり人種差別的な傾向があったことが社会的問題に表れてしまい、Nextdoorがこれに対処するための特定の機能リリースや前CEOの退任に至ったことから導かれました。このリニューアルは、Nextdoorの大きなビジョンの一部であり、オフラインでもオンラインでもウェルカムな近所を創造することを目指しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments