土曜日, 6月 10, 2023
ホームアプリ【簡単な登録でSNSが広がる?】マストドン、新しい登録方法を導入!

【簡単な登録でSNSが広がる?】マストドン、新しい登録方法を導入!

分散型ソーシャルネットワークのMastodonは、自社のサーバーにアカウントを作成することをより簡単にすることを発表しました。Mastodonにサインアップしようとすると、mastodon.socialでアカウントを作成する簡単なオプションが表示されます。

Mastodonに参加する際の主な苦情の1つは、異なるサーバーへの複雑なサインアップフローです。このプロセスは、TwitterやInstagramといった中央集権的なソーシャルネットワークと比較して圧倒的に手間がかかります。

Mastodonの創設者でCEOであるEugene Rochkoは、この新機能がユーザーのサーバーの選択肢を奪わず、サインアップ後に別のインスタンスに移動することも可能であることをブログで述べています。異なるインスタンスに参加する場合は、「Pick my own server」と選択することができます。

Rochkoは、新しいオンボーディングが人々が始めるのを簡単にし、後に分散化の利点を理解するのを容易にすると述べました。

「デフォルトのサーバーオプションが分散化を推進するのか疑問に思うかもしれませんが、Mastodonがその考え方だけではなく、製品として自己完結できることが重要だと考えています。分散化に興味を持っている人だけを惹きつけてしまった場合、分散化を一般的なものにすることは一層困難になってしまいます。」と彼は言いました。

「これにより、その人が再度アクセスしなくなる前に、分散型ソーシャルネットワークが提供する利点をよりよく紹介できるようになります。」

去年、Elon MuskがTwitterを引き継いだ後、いくつかのユーザーが代替ネットワークを探し、Mastodonに登録しました。一時期、Rochkoのチームは、mastodon.socialへのサインアップを停止する必要がありました。

最新のアップデートでは、このソーシャルネットワークは、ユーザーにスムーズで安全な体験を提供するためのインフラストラクチャとモデレーションツールを強化しています。

さらに、Mastodonは引用付きリプライやより良いコンテンツおよびプロファイル検索、グループ作成の機能を追加する予定です。これにより、フォロワーとコミュニティを作ろうとしている人々にとって、より競争力のあるソーシャルネットワークになるでしょう。

これらの機能がIvory、Mammoth、Woollyなどの第三者Mastodonクライアントにも適用されることを期待しています。

ここ数週間、Jack Dorseyが支援する分散型Blueskyは盛況です。ネットワークはまだ招待制ですが、最近、アンドロイドアプリをリリースし、新しいモデレーションツールを導入し、新しい開発者ツールをリリースし、50000人を超えるユーザー数を突破しました。投稿とのやり取りでのデザインがTwitterに似ているため、代替ネットワークに行きたいユーザーにとって魅力的なものになっています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments