木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【ブルーバッジ復活!】Twitter、有料購入でなくても認証マーク復活させる

【ブルーバッジ復活!】Twitter、有料購入でなくても認証マーク復活させる

4月20日にレガシー認証マークを数千も削除した後、Twitterは、有料サブスクリプションを支払わなくても, 一部の大きなアカウントにブルーチェックを再び与えることを決定しました。

週末には、1,000,000フォロワー以上の著名人の多くが検証マークを取り戻しました。ただし、そのうちの多くは、作家のNeil Gaiman、サッカー選手のRiyad Maharez、ミュージシャンのLil Nas X、女優のJanel Parrish Long、および英国のテレビプレゼンターであるRichard Osmanを含め、青いバッジのために支払っていないと述べています。

下取りストライキの混乱に伴い、Twitterは、最近、複数の大物・注目アカウントに認証マークを削除しました。その中には、教皇、シャキーラ、レディー・ガガのアカウントも含まれます。教皇は、政府機関および多国籍機関向けの灰色の認証マークを取得しています。

Musk氏は、Lebron James、Stephen King、William Shatnerなど、一部のアカウントについては個人的に有料加入費用を支払うと表明しましたが、同社はこの贈り物を多くのアカウントに拡大するようです。

また、The Vergeによると、Twitterは、亡くなった著名人の認証を復元しました。それには、マイケル・ジャクソン、チャドウィック・ボーズマン、バーバラ・ウォルターズ、ポール・ウォーカー、ジャマル・カショギが含まれます。プロフィール横にあるラベルをクリックすると、これらの人々がサブスクリプションに参加し、電話番号を認証したことを意味すると書かれています。

Twitterでは、1,000,000フォロワー以上のアカウントを分析したプログラマーのTravis Brown氏は、現時点で認証されていない約110アカウントがあると述べています。現在、認証マークがない中でも、Ryan ReynoldsさんとブラジルのSNSインフルエンサーであるFelipe Netoさんが最も注目すべき名前でしょう。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments