月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームガジェット【インド進出にAppleが成功!?】しかし、顧客との課題がまだ残る!

【インド進出にAppleが成功!?】しかし、顧客との課題がまだ残る!

アップル社のCEOであるティム ・ クック氏が、南アジア市場への進出から約25年後、インドで初めてのアップルストアを開店しました。クック氏は近年初めてインドを訪れ、RelianceのMukesh Ambani氏やTata GroupのNatarajan Chandrasekaran氏など有名なビジネスリーダーとのミーティングの予定があり、アジアで2番目に大きな経済圏であるインドの高級スマートフォン市場におけるサムスンとの競合を強化するために、首相のナレンドラ ・ モディ氏とも会います。

この米国の巨大企業の初めての正式な店舗−−2番目の店舗は、木曜日にニューデリーで開店予定ですが、アップルは現在インドでの製造を増強し、世界で最大のスマートフォン市場の1つを、主要なグローバルiPhone組み立て拠点に変えようとしています。

現在、アップルのiPhoneはインドのスマートフォン市場のわずか5%以下を占めていますが、高級手のひらサイズの携帯電話を購入する人が増えているここ数年でシェアは増加しています。ムンバイの高級ショッピングモール、Relianceが所有する2万平方フィートのアップルストアのオープンには、クック氏がガラスのドアを開くのを見るために列になった何百人もの人々が集まりました。

アップルの最初の小売店の設立と、同社がインドでのiPhoneなどの製品の組み立てを増加していることは、カリフォルニア州クパチーノのテックジャイアントにとって南アジア市場の重要性を強調しています。JPモルガンのアナリストによると、アップルは2025年までにインドでiPhoneの製造能力を25%まで拡大する予定です。

同社の増加する生産力は、すでに成果を上げ始めています。業界アナリストによると、アップルは、先月終了した財務年度にインドから約50億ドルのスマートフォンを輸出し、国内のすべての輸出品のほぼ半分を占めました。

「アップルでは、私たちのミッションは、世界中の人々の生活を豊かにし、力を与えることです」とクック氏は月曜日の声明で述べた。「インドには美しい文化と信じられないほどのエネルギーがあるため、私たちは、私たちの長年にわたる歴史を築き、お客様を支援し、地域コミュニティに投資し、人類のためのイノベーションでより良い未来を共に築くことを楽しみにしています。”

ただし、これらの取り組みの利点は、1つの重要な利害関係者であるAppleのお客様によってまだ完全に実現されていません。

iPhoneのローカル組み立てや、アップルの契約パートナーがデリー政府の豊富なインセンティブの報酬を受け取っているにもかかわらず、iPhoneを含むアップルの製品は、インドでは価格が高すぎるため、アナリストたちを驚かせています。アップルは、それらのインセンティブをお客様に還元すると思われたアナリストたちにも落胆を与えました。

一例として、基本モデルのiPhone 14 Proは米国で999ドルですが、インドでは1600ドル近くで販売されています。それが孤立した例ではないことは確かです。第2世代のHomePodは、米国で299ドルで販売されていますが、インドでは401ドルです。

正式なiPhoneのケースは、同国のトップセラーのAndroidスマートフォンのいくつかと同じように価格設定されています。そのため、カウンターポイントというマーケットインテリジェンス企業によると、GoogleのAndroidが地元のスマートフォン市場の97%を占めているのは驚くべきことではありません。

さらに、高額な価格を払ったのにもかかわらず、インドのアップルのお客様は多くのサービスにアクセスできません。News+、Fitness+、およびApple Payなど、いくつかの人気のあるAppleサービスは、インドの消費者には未だに利用できません。 Apple Cardとそれに付随する米国の貯蓄口座機能は、インドの市場でも存在していません。 Apple MapsとSiriは、インドの顧客に対しても、今でも機能が十分ではありません。

それに対し、Google、Facebook、Amazon、Walmart、Samsungを含む多くのグローバル企業は、過去10年間に数十億ドルをインドに投資し、ほとんどのグローバルサービスをインドの顧客に提供しています−−しばしば汚い価格で提供しています。 Google PayとWalmartのPhonePeは、インドのモバイル決済市場をリードしています。

現実的には、何百万人ものインドの消費者が、二流のお客と感じながらも、アップルの製品を購入し続けています。ティム ・ クック氏が5年ごとにインドを訪問することは注目すべきイベントですが、インドのアップル愛好家にとって、重大な変化をもたらすことはまだありません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments