月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【企業の環境問題に責任を】Device42がカーボン排出量を測定するITインフラツールに取り組む

【企業の環境問題に責任を】Device42がカーボン排出量を測定するITインフラツールに取り組む

ハイブリッドインフラストラクチャを理解し、管理するのを支援するスタートアップ、Device42は、各顧客のハードウェアとソフトウェアの使用状況に関する多くの情報を把握することができます。同社は、システムの各部分がどのように炭素排出に貢献しているかを調べるためにその能力を利用することにしました。

同社の共同創設者兼CEOであるラージ・ジャランはTechCrunchに対して、「私たちのプラットフォームの焦点は、メインフレームからクラウドまで含めたITインフラストラクチャの発見です。 [それには] 物理層からアプリケーションまで、OS、ソフトウェアサービス、リソース利用データまで、企業が適切なサイジングをするための情報が全て含まれます。」と語りました。

同社は、このような深い知識を利用して、顧客が使用しているツールの持続可能性を把握することを決めたといいます。彼は、競合他社との違いが、データセンターの消費電力、パワー、利用率、およびパワー効率を見て、データセンターの消費電力に集中する炭素排出または持続可能性のダッシュボードを生成する傾向にあることだと述べています。

「私たちが異なることをしたのは、私たちの焦点がアプリケーションデータをインフラストラクチャに結びつけることであったため、あなたのアプリケーションを持続可能性や炭素フットプリントに結びつけることができます。それが私たちが今リリースしていることのユニークな点です。」とジャラン氏は語っています。

彼は、この違いが持続可能性に関する取締役会レベルの議論に影響を与える可能性があると語っています。彼は、「データセンターのコスト、エネルギーのコストについて話す代わりに、アプリケーションレベルでカーボンフットプリントについて考え始めることができます。」と説明しています。

これは、Device42がこれまで行ってきたことの自然な延長ですが、同社はまだこのレベルでこのタイプの情報を理解する能力を構築する必要がありました。「私たちは、発見されたデータ、エンリッチドデータのすべてのデータを、あなたの持続可能性、炭素フットプリントに関する計算に変換し、それをアプリケーションに結びつけました。」とジャラン氏は述べています。

新しいツールは、Jalan氏によると追加費用なしで顧客が利用できるようになっています。

同社は2010年に設立され、Crunchbaseによると、3,800万ドル以上を調達しています。最近の調達は2019年の3400万ドルのシリーズAでした。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments