木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【画期的なCRMを発信!】PicoがHypeに生まれ変わり、1億ドル調達!

【画期的なCRMを発信!】PicoがHypeに生まれ変わり、1億ドル調達!

CRM(顧客関係管理)企業Picoは、Hype(ハイプ)にブランド変更し、Hype Kitsを開始しました。これは、ランディングページを構築しようとする様々なクリエイターに向けた、予めデザインされたウェブテンプレートです。

この企業は、King River Capitalが主導し、Bullpen Capital、Precursor Ventures、Bloomberg Beta、Tapestry VC、Sterling Roadを含む他の投資家から$10 millionのシリーズA資金調達を実施し、これによってプラットフォームの資金調達総額は$20 millionに達しました

スタートアップは、数回のブランド変更を行っています。それは、2016年にスタンフォード大学のグラッドで設立され、当初はPennyPassとして知られていました。そして2019年に、StripやPrecursorなどの企業で働く投資家からシード資金を調達しながら、同社はPicoに変身しました

Hypeの中核的な強みは、クリエイターにCRMツールを提供することです。Chen氏とのTechCrunchとの会話で、同氏は、「当初、同社はジャーナリストに焦点を当て、そのブログのサインアップを手助けして、報酬を得ることができるようにしました。」しかし、数年前から、Linktreeのようなリンクインバイオツールの台頭を見て、同社はそれを先頭に置くようになりました。

Chen氏は、「私たちはすでにランディングページビルダーを介してバイオ内リンクツールを提供していましたが、さらにHypeのリブランドングによって、異なるクリエイターが私たちと素早く始めることができるように、さまざまなキットを紹介しています」と述べています。

Hype Kitsでは、クイックランディングページやドラッグアンドドロップのWebページビルダーなどが提供されます。さらに、Eメールや電話のサインアップボックスなどのCRMツールも提供されます。Chen氏によれば、クリエイターがファンのEメールアドレスと電話番号を収集し、特別なメッセージを送信できる能力は特に重要だとのことです。

このスタートアップは、チップを集めたり、サブスクリプションやエクスペリエンスを販売するための収益ツールも提供しています。クリエイターたちはHypeのツールを通じて3000万ドル以上の収益を上げ、400万以上のEメールアドレスと電話連絡先を集めました。 Hypeはクリエイターからの支払いから5%のカットを受けます。同社はまだ利益を上げていませんが、2024年半ばまでに利益を上げることを目指しています。

Chen氏は、TikTok禁止の恐れなど、プラットフォームの変化やイベントのために、クリエイターたちは異なるツールに依存しなければならないと強調し、ファンベースとアクセスの理解は、クリエイターが異なる収益源に移ることを容易にすると述べています。

そのため、「クリエイター経済は小規模ビジネス経済と融合しています。現在、起業家たちはビジネスの中心にコンテンツとコミュニティを置いてブランドや製品を立ち上げています。ソーシャルメディアが単なる宣伝のための甲高い音を鳴らすだけの時代は過ぎ去っています。私たちは、このムーブメントを加速し、従来は大企業にしかない、あらゆるタイプのクリエイターが必要とするオーディエンスエンゲージメントと収益ツールを提供するためにHypeを設計しました」とChen氏は述べています。

クリエイターを小規模ビジネスと比較する発想は、新しいトレンドに思われます。最近、Block所有の音楽ストリーミングサービスのTidalは、アーティストを成長中の事業者と比較し、異なるプロセスを管理するためのツールを構築することを目指していると述べ、VisaやMastercardなどの企業も同じ感情を繰り返し表明しています。

ただし、クリエイターがお金を稼ぐために手助けするスペースには多数の競合が存在しています。報酬モデルを提供するオーストラリアベースのLinktree、a16z backed Beacon、CVRやCrossfeed Ventures-backedのSnipfeedなど、報酬を得るためのツールを提供するlink-in-bioスタートアップがあります。それ以外にも、Gen ZをターゲットにしたFanfixのようなPatreonの競合、および非セクシャルコンテンツを前提とした、a16z-backed Fanhouseなどが存在します。

Chen氏は、Hypeがコンテンツ提供プラットフォームであって、編集的な決定を下さないようにしたいと述べていますが、将来的にはクリエイターが優れたファンベースを構築するためのより強力なCRMツールを構築することを目指しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments