火曜日, 2月 27, 2024
ホーム環境【パリの街は電動スクーター禁止】過剰な混雑や事故防止のため市民が圧倒的支持

【パリの街は電動スクーター禁止】過剰な混雑や事故防止のため市民が圧倒的支持

シェアードマイクロモビリティ企業であるLime、Dott、Tierにとって大きな打撃となったパリは、レンタル電動スクーターを街から禁止することを決議しました。自由に走行できるスクーターは、2018年から初めてパリでビジネス化し、今後他の都市にも波及することが懸念されています。(出典)

パリは電動スクーター市場の大部分を規制しており、企業が都市と協力できる良い例として指摘されています。しかし、パリは、スクータートップスピードを10キロメートル(約6マイル)/時間以下に制限し、ライダーに専用の駐車場を使うかペナルティを課することで、 sharedマイクロモビリティ企業と契約を提供する政策を完全に撤回する最初の都市となりました。

そのため、パリ市長であるアン・イダルゴによる日曜日に行われた住民投票では、シェアード電動スクーター保有に投票したパリ市民のうち、89%が反対票を投じ、契約を入れた3つの企業(Lime、Dott、Tier)は、合計15,000台の電動スクーターを9月1日までに街から撤去しなければなりません。

最初はパリでシェアード電動スクーターを歓迎していたイダルゴ氏は、市が15分の住みやすい街になることを提唱し、自転車レーンや歩行者フレンドリーなエリアを創造するために駐車スペースを再開発する政策を推進してきました。しかし、多くの市民が、乱暴な運転や歩道の混雑などを問題視しており、シェアードスクーターに反発していました。

イダルゴ氏は、スクーターが多くの事故の原因であり、ビジネスモデルが継続不可能であること、そして、10分間のスクーター乗車が約5ユーロかかるため、自由な走行は環境に優しくないと述べました。TechCrunchは、2022年の初めに、パリでのスクーターライディングについて詳しく調査し、スクーターが非常に人気があること、しかしそれらは主に自転車または公共交通機関の代替手段であり、自動車の使用の代替手段ではないことを発見しました。(出典)

しかしこれは、一切車両が置かれていないわけではないことを意味します。2019年のある調査では、スクーターが走った距離の7%が車や個人タクシー代替手段であることがわかり、これは年々増えているとされています。クライメートチェンジに取り組む世界の市長らのグローバルネットワークであるC40の都市計画ディレクター、Hélène Chartierが述べるところによると、7%は何もないわけではないとのことです。Chartier氏は以前、イダルゴ氏の顧問を務めた経験があります。

投票率の低さ

テキサス工科大学のトランスポーテーションプログラムの主任フェローであるデイビッド・ジッパー氏は、パリがシェアード電動スクーターに反対票を投じたことには驚きませんが、その差があまりにも大きかったとツイートしました。スクーターの支持者や企業も同様の感情をかんじているようです。

Dott、Lime、Tierの3社は、投票率が低いことが投票結果に影響を与えたとして、共同声明で非難しました。投票したのは10万人ほどであり、7.5%しか登録しているパリの投票者に過ぎません。彼らは、規制が厳しく、投票場所が限られていること、長時間の待ち時間で若者が投票を断念すること、さらに電子投票もないことを理由に、この組み合わせは「年配層との差が拡大しており、ProsとConsのギャップを大きくしている」と語っています。

この投票は法的拘束力を持っていないため、イダルゴ氏は低投票率に基づいてスクーターを街に残すという考えに至ることができます。数字はスクーターが人気であることを明らかにしています。Limeは以前、パリで90%のフリートが毎日使用されていることをTechCrunchに語っています。2021年には、85%がパリ市民であり、Lime、Dott、Tierの合計で1,200,000人以上のスクーターライダーが、1,000万人以上の乗車数を記録しました。これは1日あたり27,000人のライド数に相当します。

禁止令は、共有マイクロモビリティ企業が提供する電動自転車には影響を与えません。同様に、プライベートで購入したスクーターも禁止の対象外であり、フランス運輸省の数字によると、昨年は70万台が販売されました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments