月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【驚異の4億5000万ドル調達!】ノーネーム、2つの10億ドル超ラウンドに好材料 仮想通貨スタートアップに朗報

【驚異の4億5000万ドル調達!】ノーネーム、2つの10億ドル超ラウンドに好材料 仮想通貨スタートアップに朗報

$450M for Noname、20億ドルのラウンド、そして暗号通貨スタートアップに良いニュース

暗号スタートアップの皆様、朗報です!ベンチャーキャピタルの活動がセクターで活発になっており、2023年後半に投資が過去数年間の低水準から回復しています。別の言い方をすれば、ベンチャー関係者は、かつてよりもウェブ3に対して前向きな見方を示しているようです。

しかしそれだけが今朝のEquityで掘り下げたニュースではありませんでした。Akamaiは、APIセキュリティ企業Nonameを4.5億ドルで買収することを確認し、TechCrunchが以前に報じた約5億ドルの価値であることが明らかになりました。それでも、4.5億ドルは多額の資金であり、Nonameが2021年に10億ドル以上の価値があったことを考えると、この取引は検討に値するでしょう。

M&Aについて言及すると、サイバーセキュリティ分野のWizも、直近の10億ドルの資金調達を受けて、傷ついたユニコーンやホットな小規模スタートアップを買収して事業を強化するとされています。同社の評価額は現在120億ドルであり、これは相当な額です。(Wayveも10億ドル以上の資金調達を行いましたが、セキュリティではなく自動運転を中心に展開しています。)

また、Monzoはさらに1.9億ドルを獲得し、年間の資金調達額を6億ドル以上に引き上げました。一方、TikTokは米国での潜在的な規制に抗議し、Oyoは以前の価値の一部で新たな資金を調達しようとしています。

最後に、Haje氏がPitch Deck TeardownをEquityに持ち込んでいます!このシリーズをまだご覧でない場合は、お楽しみに。我々はNOQXのデッキを解説し、成功した点、課題、そして今後の展開について見ていきます!

金曜日のおしゃべり!

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments