月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【未来の窓清掃技術が登場!】Lucid Botsが9億円調達

【未来の窓清掃技術が登場!】Lucid Botsが9億円調達

建物の外側を清掃するのは汚れ仕事であり、危険でもあります。Lucid Botsは2018年に登場し、高い場所の窓を清掃するためのドローン「シェルパ」を導入しました。そして今、より労働集約的なタスクにも挑戦しています。

シャーロットを拠点とするこの会社は2019年のY Combinatorの一員であり、アシュール氏は、「人々がしたくない“汚れ仕事”を取り組むために目的に沿った知的ロボットを開発する」というテーゼと共に、ロボティクス会社として新たな形態を取り入れました。

「我々は非常に単純な問題から始めましたが、数年をかけて危険な仕事を安全にしたいという追求の過程で、解決している真の問題は、人々が退屈で汚れて危険で屈辱的とされる仕事をしたくないという基本的な事実です」と、Lucid Botsの創業者でCEOであるアンドリュー・アシュール氏はTechCrunchに話しました。

顧客からは、ドローンが建物の外壁、窓、屋根だけでなく、歩道や車道などの平らな表面を掃除する能力を持っているかどうかという問い合わせも寄せられました。

アシュール氏は「逆の問題がありました。人々が『これを作れば、それに対して支払います』と言っています。飛行物体にとって平らな表面と重力は友好的ではありません」と述べました。

そのためのロボットを開発することは、実際にアシュール氏が考えていたよりも簡単でした。Lucid Botsは、自社のロボットに共通のフレームと共通の脳を持っていました。必要なのは、異なるツールやペイロードをロボットに取り付けて、異なるタスクを遂行できるようにすることだけでした。あとはいくつかの車輪。すると、平らな表面を清掃できるロボット、Lavo Botが誕生しました。

ドローンはいくつかの大手プレイヤーが登場する産業です。アマゾンは配送用ドローンに独占権を持っていますが、それでもカリフォルニアでの配達は行わない予定です。 GoogleDoorDashも参入を試みました。航空宇宙と軍事目的に使用されているドローンに加えて、ApellixやPrichard Industries、KTVなどの一部の知名度の低い企業も清掃用ドローンを持っています。アシュール氏の目標は、アマゾンのような大手企業と競争することではなく、配送に焦点を当てるのではなく、「古典的な産業向けに新しい技術を構築する」ことに置いています。

アシュール氏は、Lucid Botsが優位を持っていると考えるのは、清掃用ドローンが都市部および郊外の環境で規制の範囲内で飛行することができる点です。アシュール氏によると、配達ドローンが今日のような環境でさえテストできない場所です。

昨年、Lucid Botsは、一つの概念証明を行い、特定サイズの二つの配達ドローン―20ポンドのペイロードを持ち、10キロメートルを自律飛行できる配達ドローンに対して顧客が支払いました。Lucid Botsは自社のコア技術スタックと製品戦略を見直し、1か月未満で実現できると気づきました。実際には、会社は4日間でその実現に成功したとアシュール氏は述べました。

「我々は、ロボティクス分野において例外的な存在です。我々は意味のある収益を上げています。成長の余地があります。また、今日ほとんどのドローンが飛行できない環境での飛行方法に関する非常にユニークなデータセットにアクセスできるという利点があります」とアシュール氏は述べています。

一方、Lucid Botsは2023年に350万ドル以上の収益を上げ、アシュール氏は「過去3年間、急速な伸びを続けており、そのまま続けていきたい」と述べています。

Lucid Botsは今後、自律ロボティクスのポートフォリオを拡大し、オペレーションを拡大し、AI駆動のソフトウェアとセンサープラットフォームを活用して新たな市場へ拡大していく予定です。そのために、新たに910万ドルのシリーズA資金を調達しました。

フロンティア技術企業の資金調達は非常に興味深いものでしたとアシュール氏は語ります。特にシャーロットを拠点としていたため、Lucid Botsが今後どのようなビジョンを追求しているかを理解できない投資家との間にはしばしば溝が生じていました。これはCubit Capitalとは異なると、アシュール氏は述べています。

資金調達ラウンドを主導したCubit Capitalには、Idea Fund Partners、Danu Venture Group、Y Combinatorのグロースファンド、Gratus Capitalなどの既存投資家も参加しました。

Cubit Capitalのフィリップ・カーソン氏は文書で、Lucid Botsがクリーニングロボティクス業界で「聞いたことがないようなこと」を成し遂げ、迅速かつコストを抑えながら製品を市場に提供してきたことを述べました。

「Lucid Botsは、国内でドローンを製造するコストが、外国からドローンを輸送するコストよりも低いという、これまでにないモデルを開拓した。これらの差別化された能力と、強力な収益成長と実証済みのチームは、この興味深く成長する市場で勝利する能力に対して私たちにとって絶大な信頼をもたらしました」とカーソン氏は述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments