日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【業界を席巻する動き!】AkamaiがNonameを45億ドルで買収確認

【業界を席巻する動き!】AkamaiがNonameを45億ドルで買収確認

数週間前、TechCrunchは、AkamaiがAPIセキュリティの専門家であるNoname Securityを約5億ドルで買収する交渉を進めているという情報を報じました。今日、その取引が確認されましたが、やや低い価格での取引となりました。火曜日、AkamaiはNonameを4億5000万ドルで買収することに合意したと発表しました。

この取引は、サイバーセキュリティ市場でのさらなる統合を示すものです。過去数年には、さまざまなサイバーセキュリティスタートアップが登場してきました。しかし、これらの企業の一部はスケール拡大や資金調達、複数のセキュリティニーズを一元管理する顧客への販売が難しいことがわかり、より大きなプレーヤーがこれらの中小企業や有望な企業を引き受ける形になっています。

時には、それは大幅な割引である場合もあります。Nonameは、2021年12月に最後のプライベートファンド調達時に10億ドルと評価されていたため、その価格の半額未満で売られています。

しかし、これさえも最悪の割引ではありません。Wizは、以前の評価額83億ドルよりもはるかに低い1億6800万ドルでLacework Securityを買収するための最終段階の交渉に入っていましたが、その取引は最終的にデューデリジェンスの段階で頓挫しました。

Akamaiは、NonameをAPIセキュリティ事業に統合するとし、この買収により2024会計年度に約2,000万ドルの収益をもたらすと述べています。

「アプリケーションが私たちの世界を動かしていますが、アプリケーションとユーザーが増えるにつれてセキュリティリスクも増大しています」と、Akamai TechnologiesのセキュリティテクノロジーグループのEVPおよびゼネラルマネージャーであるMani Sundaramは声明で述べています。「Akamaiは、API攻撃が年間109%増加しているという自社データから、API保護の需要の増大を感じています。Nonameの追加により、Akamaiは、顧客がすべての環境で包括的なAPI保護を提供するために必要な統合と展開の選択肢を有していると考えています。」

同社によると、Akamaiの焦点は、開発者やセキュリティ運用チームにより多くのツールを提供して、「シャドウ」APIや他の脆弱性を発見することにあります。

この取引は2024年第2四半期に完了する予定です。

「顧客がアプリケーションのモダナイゼーションとデジタル変革イニシアティブへの投資を優先している場面で、API開発は拡大し続けています」と、Nonameの最高経営責任者兼共同創業者であるOz Golanは声明で述べています。「NonameをAkamaiのAPIセキュリティ提供と組み合わせることで、どのようなタイプの顧客にもソリューションを提供することができます。顧客のアプリケーションがクラウド、エッジ上でネイティブ、オンプレミス、または他のベンダープラットフォーム上にあったとしても、それらは保護されます。」

Golanとサンノゼの企業の残りの200人の従業員は、この取引の一環としてAkamaiに参加する予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments