木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【独占入手情報】Found Energy、シードラウンドで融資を獲得

【独占入手情報】Found Energy、シードラウンドで融資を獲得

ファウンド・エナジー(Found Energy)は、Typicalなスタートアップの始まりを持っていません。元々は自分を食べることができるはずの宇宙用ロボットから始まりました。現在、会社は同じ技術を開発し、アルミ製精製所や長距離航送を目指しています。

ほぼ10年前、ファウンド・エナジーの共同創設者でCEOであるピーター・ゴダート(Peter Godart)は、NASAのジェット推進研究所の科学者でした。彼と同僚たちは、木星の衛星であるヨーロッパを訪れる探査機をどのように動かすかを熱心に考えていました。チームは、適切なバッテリーのエネルギー密度について議論していましたが、突然の思いつきがゴダートの頭に浮かびました。宇宙船の製造に使用されるアルミニウムは、最先端のバッテリーよりも10倍以上のエネルギーを持っています。なぜ宇宙船の部品を自らを動かすために使用しないのか、と。

「『自己食いロボット研究所(self-cannibalizing robot lab)』という愛情を込めた名前で始めるために多くのお金をもらいました」とゴダートはTechCrunchに語りました。「ロボットに、残存するアルミニウム部品を燃料として消費させる方法を検討しました。」

しかし、研究を続けるうちに、別の考えが浮かびました。ゴダートは語ります。「地球の問題を解決する方が私の時間の使い方としてはより価値があると気付いた瞬間でした。」彼のタイミングはそれ以上良いものはありませんでした。議会はヨーロッパ探査の一部の資金を削減し、JPLはゴダートに知的財産権をMITで使うよう許可しました。彼は博士課程中もこの問題に取り組み続けました。

アルミニウムにはいくつかの明らかな利点がありました。地殻中で最も豊富な金属であり、ディーゼルよりも単位体積あたりに2倍のエネルギーを蓄え、融けやすいことなく使用でき、製錬に使用された元の電気エネルギーの70%を熱として回収することが可能でした。「ああ、これをなんとかしなければならない」と彼は言いました。

精製されたアルミニウムに内在するエネルギーを放出するために、ゴダートは金属の防御をどのように乗り越えるかを考えなければなりませんでした。「アルミニウム塗装されたアルミニウムに水を落として、水を使って酸化しようとすると、数千年かかる」と彼は言いました。

ゴダートのプロセスははるかに速く、はるかに速いです。Found Energyの触媒でコーティングされたアルミニウムに水が落とされると、金属の表面がすぐに反応して熱と水素ガスを放出しはじめます。数秒で、アルミニウムが膨張し、水素の泡が金属をはがすように強制するため、アルミニウムは脱層します。これにより、水が金属に浸透し、何度もプロセスを繰り返します。最終的に残るのは灰色の粉末だけです。「私たちは実際にそれを’フラクタル脱層(fractal exfoliation)’と呼んでいます」とゴダートは語りました。

Result

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments