木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【人事管理スタートアップの巨額評価が話題】Ripplingが134億ドル評価で調達を検討中

【人事管理スタートアップの巨額評価が話題】Ripplingが134億ドル評価で調達を検討中

HRテックベンチャーの成熟期スタートアップ、Ripplingが新たな資金調達を進めている。未だ締結されていないという新ラウンドでは、Ripplingに2人の内部筋によると200億ドルが投入され、既存株主によって670億ドル相当の株式が売却される見込みです。

この資金調達はRipplingのシリーズFとなり、ポストマネーでの評価額が最高13.4兆ドルまでの上昇が見込まれています。 一年前に行われた500億ドルのシリーズEでの評価額11.25兆ドルからの上昇です。今回のラウンド以前にRipplingは合計120億ドルを調達しています。

本日早朝、Ripplingの広報担当者はコメントを差し控えました。

Ripplingの前回の資金調達は、シリコンバレー銀行の危機時期に実現し、Ripplingの資金が突然凍結されていた時に成立しました。Ripplingの創業者でCEOのParker Conrad氏はX社に取り組み、銀行、投資家、そして顧客と電話で対応し、必要な現金を調達して全員の給与を確保しました。

今回、既存投資家のFounders Fundのナポレオン・タ氏は、取引に詳しい2つの情報源によると、最大3.1億ドルを追加投資する用意があります。特筆すべきことは、Founders Fundがこのような額を一社のラウンドに実際に出すのは初めてであり、現投資家のCoatueが実際にこのラウンドを主導しているため、新しいシリーズFの株式にいくらの現金が投入されるか、他の投資家から株式を買い取る際にどれだけ使われるかは不明です。Greenoaksも既存投資家として参加しています。

Ripplingが1年でさらに資金調達を進めるのは驚きではありません。給与サービスとリモート労働管理のHRテック市場は大きく成長しており、融資を受けている成熟期のスタートアップが数多く存在します。Ripplingの競合企業であるGustoは、昨年、推計売上高5億ドルで黒字経営を達成しています。今年初めには、国境を越えるチーム向けの給与に特化したDeelが、年間500億ドル相当の繰り返し売上高を達成したことを発表しています。

Crunchbaseデータによると、Gustoは約95億ドル、Deelは120億ドル、Remoteは30億ドル以上の価値があり、Ripplingも13.5兆ドルに達した今、HRテック業界には膨大なベンチャーキャピタルと創業者および従業員の株式が存在しています。新たな企業も登場しています。例えば、Remofirstは、上記の多くの企業と競合する低コストの採用製品に取り組むために最近2,500万ドルを調達しました。

同様に、IPO市場がまだ停滞している中、従業員や既存投資家など、既存株主も非公開企業の株式を売却して流動性を獲得しようとしています。 大規模なセカンダリ取引が注目されています。

一方、Ripplingは積極的に拡大を進めています。先週のサンフランシスコ・クロニクルの報道によると、8年目となるRipplingは最近、サンフランシスコの新本社の123,000平方フィートのリース契約を締結し、オフィススペースを4倍に拡大しました。このリースは、同年の市内で2番目に大きなものだったと報じられました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments