金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【未来のビジネスコミュニケーション革命!】Kore AIが1億5000万ドルを調達

【未来のビジネスコミュニケーション革命!】Kore AIが1億5000万ドルを調達

テック業界の一連の人員削減を受けて、市場見通しは暗い中でもいくつかのスタートアップが成功しているのを見るのは心強いです。

エンタープライズ向けの会話型AIおよびGenAI製品を開発している企業であるKore.aiは、今日、FTV Capital、Nvidia、Vistara Growth、Sweetwater PE、NextEquity、Nicola、Beedieの主導による新たな資金調達ラウンドで1億5,000万ドルを調達したことを発表しました。これにより、同社の総資金調達額は約2億2,300万ドルになります。新しい資金は製品開発とKore.aiの従業員数の拡大に投入される予定です。共同創設者兼CEOのラジュ・コネル氏がインタビューで話してくれました。

コネル氏は、Kore.aiを2014年に立ち上げました。それ以前に、モバイルアプリ開発スタートアップであるKonyやアウトソーシング企業であるiTouchPoint、テクノロジー・コンサルティング企業であるIntelligroupなど、いくつかの小さな企業を設立しました。コネル氏は、特にOpenAIのChatGPTのような大規模な言語モデルによるユーザー体験の変革の可能性を見て、Kore.aiを設立することになったと述べています。

「GenAIと大規模言語モデルの導入により、テックの風景は急速な進歩により非常に混乱し不確実性が高くなりました」とコネル氏はメールで述べています。「質問の方が回答よりも多かったのですが、会話型AIや大規模言語モデルは革新の機会として見ていました。」

GenAIは比較的新しい分野ですので、Kore.aiは2014年に直接的にGenAI製品を開発していませんでした。しかし、コネル氏によれば、同社はGenAI製品の基礎を築いており、テキスト生成および分析モデルへの大きな投資を行っていたとのことです。

それでは、Kore.aiはどのようなイノベーションをしているのでしょうか?コネル氏は、スタートアップがカスタマーや従業員間の様々な「ビジネスインタラクション」をAIを活用して支援するノーコードプラットフォームを提供していると説明しています。具体的には、IT/HRサービスデスクとのサポートチャットなど、電話やテキストを介した顧客と従業員、従業員と従業員のインタラクションを可能にするワークフローとツールを提供しています。Kore.aiは、銀行、医療、小売業などの業界の企業がカスタムの会話型AIアプリを作成したり、事前に構築された「ドメイン訓練済み」のチャットボットを展開したりできるようにするためのソリューションを提供しています。

「Kore.aiのプラットフォームは、オールインワンのインテリジェント仮想エージェント、コンタクトセンターAI、エージェントAI、検索と回答の機能を含み、あらゆる種類の顧客体験と従業員体験のユースケースに対応しています」とコネル氏は述べています。「さらに、Kore.aiの業界や水平のソリューションのバリエーションは、特定の業界や企業機能のニーズを満たすために設計されています。」

しかし、Kore.aiが広告を支援しているようなGenAI対応の検索、質問応答などのアプリケーションをサポートするベンダーはたくさんあるのではないかと思います。実際、そうです。

Acreeは、企業向けのGenAIアプリを構築するためのプラットフォームを提供していますし、Giga MLは、企業がLLMをオフラインで展開するためのツールを提供しています。RekaContextual AIは、カスタムAIモデルを作成するためにステルスモードから登場しました。さらに、

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments