木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【最新技術で驚異の声のクローン化!】ElevenLabsが8億ドル調達しユニコーン企業に到達

【最新技術で驚異の声のクローン化!】ElevenLabsが8億ドル調達しユニコーン企業に到達

声のクローン技術には多額の資金が投資されています。

その例として、AIを活用した合成音声の作成と編集ツールを開発するスタートアップ企業であるElevenLabsが挙げられます。同社は本日、Andreessen Horowitzや元GitHub CEOのNat Friedman、起業家のDaniel Grossを含む有力な投資家たちが共同リードした8000万ドルのシリーズBラウンドの締結を発表しました。

Sequoia Capital、Smash Capital、SV Angel、BroadLight Capital、Credo Venturesも参加したこのラウンドにより、ElevenLabsの総資金調達額は1億1000万ドルに達し、同社の評価額は10億ドル以上になりました(昨年6月の時点では約1億ドル)。Mati Staniszewski CEOは、新たな資金は製品開発、ElevenLabsのインフラとチームの拡大、AI研究、および「AI技術の責任あるエチカルな開発を保証するための安全策の強化」に投入されると述べています。

Staniszewski氏はTechCrunchとのメールインタビューで、「ElevenLabsを世界的な音声AI研究と製品展開のリーダーとしての地位を確固たるものにするために新たな資金調達を行いました」と語っています。

ElevenLabsは、2022年に元Googleの機械学習エンジニアであるPiotr Dabkowskiと元Palantirの展開戦略家であるStaniszewskiによって共同設立され、約1年前にベータ版をリリースしました。Staniszewski氏によると、彼とポーランドで育ったDabkowski氏は、ずさんに吹き替えられたアメリカ映画に触発されて声のクローンツールを作成することを思いついたのだとか。

現在、ElevenLabsはブラウザベースの音声生成アプリで最もよく知られており、抑揚、感情、リズムなどの主要な声の特徴を調整するための切り替え可能なトグルでリアルな音声を作成することができます。無料で、ユーザーはテキストを入力し、いくつかのデフォルトの声の中からそのテキストが読み上げられた録音を取得することができます。有料の顧客は音声サンプルをアップロードしてElevenLabsの声のクローニングを利用することができます。

ElevenLabsは、オーディオブックおよび映画やテレビ番組の吹き替え、ゲームやマーケティングでのキャラクターの声生成などを目指した音声生成技術のバージョンにもますます投資しています。

先年、同社は「音声から音声へ」のツールをリリースしました。このツールは、映画やテレビ番組の場合、話者の声、抑揚、イントネーションを保持しながら自動的にバックグラウンドノイズを除去し、音声を翻訳および同期します。今後数週間のロードマップには、トランスクリプトや翻訳の生成と編集が可能な新しい吹き替えスタジオワークフロー、ElevenLabsの音声を使用してウェブページやテキストをナレーションするための定期購読型モバイルアプリも含まれています。

ElevenLabsの革新的な技術により、最近のプロジェクトには「Cities: Skylines 2」や「Stellaris」などを制作したゲーム開発メーカーのParadox Interactiveや、The Washington Postなどの出版、メディア、エンターテイメント企業が注目しています。Staniszewski氏によると、ElevenLabのユーザーは100年以上に相当するオーディオを生成し、同プラットフォームはフォーチュン500社の41%の従業員によって使用されているとのことです。

しかし、その評判は必ずしも良くありません。

陰謀論的なコンテンツで知られる悪名高いメッセージ掲示板4chanは、Emma Watson女優などの有名人の声まねをした憎悪を伴うメッセージを共有するためにElevenLabsのツールを利用しました。The VergeのJames Vincent氏はElevenLabsを使って数秒で悪意のある声のクローンを作成し、「暴力の脅迫から人種差別的でトランスフォビックな発言まで」といった内容のサンプルを生成しました。また、Voxの記者Joseph Cox氏は、銀行の認証システムを騙すほど信じられるクローンを生成することを記録しています。

これに対し、ElevenLabsは、悪用を禁止している利用規約を繰り返し違反するユーザーを排除する試みを行い、同社のプラットフォームで作成された音声を検出するためのツールも導入しました。Staniszewski氏は、ElevenLabsは今年中に検出ツールを向上させ、他の音声生成AIモデルからのオーディオをフラグ付けし、名前の明かされていない「配信プレイヤー」と提携してこのツールを第三者プラットフォームで利用できるようにする予定だと述べ

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments