金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【革新的農業スタートアップ!】Shamba Prideが3,700万ドル調達、飢餓との戦いに挑む

【革新的農業スタートアップ!】Shamba Prideが3,700万ドル調達、飢餓との戦いに挑む

>Shamba Prideは2016年以来、農産物入力の最終マイル配送を強化し、農民の価格搾取や品質問題に取り組むために、デジショップと称される商人ネットワークを活用してきました。

この農業技術企業は、現在までにケニア全土の24の県にまたがる2,700人の商人(農産物販売業者)ネットワークを構築しました。これは、国土の半分以上に相当します。今後の1年間でさらに小売業者および農業地域をカバーするために、さらに拡大する予定であり、その後はソースや予測不可能な価格、品質の問題、在庫切れなどの課題を抱えるタンザニア、ウガンダ、ザンビアなどの近隣市場を探索する予定です。

今回のケニアでの成長には、欧州連合の農業金融イニシアチブEDFI AgriFIおよびSeedstars Africa Ventures(SAV)から調達した3,700万ドルの債務資本プレシリーズAファンディングがエネルギーとなります。この新たな資金調達は、1,700万ドルの資本を含み、SAVとGray Matters Capitalから2021年に調達した1,100万ドルの資本に続くものです。

Shamba Prideは農産物販売業者をデジタル化して事業管理や在庫注文などのさまざまなタスクを支援し、農村部の数百万の小規模農家に肥料や種などの供給物資を確保します。

「農村コミュニティにおける農業流通は、農産物販売業者が、農民が入力やサービス、トレーニングにアクセスする方法を決定するという点で大いに制約されています。我々は、これらの農産物販売業者に、そのビジネスを見える化するための適切なツールとテクノロジーを提供することで、それぞれの専門的・商業的な成長を支援し、周囲の農民に適切なサポートを提供しています」と、Shamba Prideの創業者兼CEOのSamuel MungutiはTechCrunchに語りました。

この農業技術企業はまた、USSDプラットフォームを通じて市場連携、Buy Now Pay Later(BNPL)金融サービス、トレーニング情報を農民に提供しています。

Shamba Prideは主にケニアの農業部門に属する小規模農家を対象としており、その部門は国内総生産の33%を占め、国の人口の40%以上および田舎の人口の70%以上が従事しています。また、農業は輸出収入の65%を占めるため、国の経済において重要なセクターであり、イノベーターの関心が集まる対象分野です。

「Shamba Prideの成功は、日常の農業活動を容易にするイノベーションに基づいています。農家と農産物販売業者に追加の収益を生み出し、女性起業家の成功に大いに貢献する拡大可能なモデルをサポートしてきたことを誇りに思っています」と、SAVのゼネラル・パートナーであるMaxime Bouanは語りました。SAVは、教育、医療、公益事業などの基本的なニーズに対応するスタートアップ、または商品、サービス、効率性を向上させるスタートアップに関心を持つセクターを問わないファンドです。

Shamba Prideは「気候変動対策型」の農産物入力を提供するフランスの多国籍企業であるElephant Verveなどのパートナーから在庫を供給しています。これは、小規模農家への強靭性の構築を農業技術企業の戦略の一環としています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments