金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【旅行業界再燃!】マイリアルトリップ、新たな56億円の資金調達で大成功!

【旅行業界再燃!】マイリアルトリップ、新たな56億円の資金調達で大成功!

>マイリアルトリップは、成長するコロナ後の観光業界に参入した最新のトラベルテック企業です。このソウルを拠点とするスタートアップは、本日、事業および製品の革新を加速し、採用を拡大するために、シリーズFの資金調達ラウンドで5,670万ドル(756億韓国ウォン)を調達したと発表しました。

国際連合世界観光機構(UNWTO)の最新の報告書によると、2023年第3四半期に世界の観光業界はコロナ前の水準に回復しました。トラベルテック企業も再び事業拡大を加速させる準備を始めています。

「12年前の韓国では、旅行業界は分散しており、旅行情報を提供するプラットフォームがありませんでした」と、マイリアルトリップのCEOであるドンガン・リーはTechCrunchの独占インタビューで述べました。今、7,900万人のユーザーを抱える12年間の企業は、旅行業界でスーパーアプリとなることを目指しており、航空券、宿泊施設、アクティビティ、地元の交通機関など、旅行予約サービスを提供しています。

同社は、エクスペディア、アゴダ、ヴィエーターなど、約2,000の旅行代理店、ホテルプラットフォーム、航空券比較サービスプロバイダーと提携し、世界中の旅行者がツアーやアクティビティ、レストラン、地元の交通機関、ホテル、Airbnbのような宿泊施設を予約できるようにしています。

リー氏によれば、前回のDラウンド(2020年)以来、同社の評価額は3倍に増加しており、具体的な数値は提供されていませんが、2020年の評価額は2000億ウォン以上と推定されています。

リー氏はさらに、2022年以来、マイリアルトリップの収益が3倍に増加していると述べました。同社は2023年に7億4600万ドル(1兆韓国ウォン)の総商品取引高(GMV)を達成しました。リー氏は、今年はGMVを2倍にし、EBITDAを1,200万ドルにすることを目指していると説明しました。

韓国のスタートアップもパンデミックのロックダウン時に困難に直面しました。同社は、2020年に確保した資本と2022年の債務調達によって、パンデミック後の準備を行うことができたと述べています。

「マイリアルトリップは過去2年間、国内観光を優先し、グループ旅行やビジネス旅行など、新たな機能を導入して困難な時期を乗り越えてきました」とリー氏は述べました。

同社は国内観光の拡大だけでなく、いくつかの買収や戦略的な投資も行っています。マイリアルトリップは、2022年に外国人観光客が訪れる韓国を捉えるため、Startripを買収しました。この旅行プラットフォームでは、人気のあるボーイバンドBTSのミュージックビデオ撮影場所を含む、K-POPテーマのスポットをユーザーが見つけて予約することができます。リー氏は、高度な技術を活用してサービスを改善するため、Startripを別のエンティティとして運営する計画だと述べました。

さらに、マイリアルトリップは子供と一緒に旅行するための利用可能なスポットを探すための韓国の旅行プラットフォームであるIwaTripと、デジタルノマドワーカー向けに設計されたコワーキングスペースプラットフォームであるO-Peaceにも投資しました。

マイリアルトリップは、AIチャットボットを顧客サービスに使用しており、2026年の計画されているIPO(新規株式公開)に先立ち、AIなどの技術にさらなる投資を行う予定です。

BlueRun Ventures KoreaとIMM Investmentがラウンドを共同主導し、これまでの資金調達総額は創業以来約1億1300万ドル(約1500億韓国ウォン)の株式および3900万ドル(約400億韓国ウォン)の債務調達です。新たな投資家には、韓国で初めて投資を行ったKorelya Capital、Vanderbilt大学の基金、およびAltos Ventures、Partech Partners、Smilegate、SV Investmentなどの既存の支援者もシリーズFに参加しました。

同社の従業員数は現在300人です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments