金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【建設業界を一気に変革!】AIが財務を自動化するBriqが8億ドルの評価額で追加調達

【建設業界を一気に変革!】AIが財務を自動化するBriqが8億ドルの評価額で追加調達

多くのスタートアップが資金調達に苦戦しているか、低い評価額で調達している中で、評価額が据え置かれるか高まる場合に注目が集まります。特に、彼らの前回の資金調達が2021年に行われ、資本調達が容易であり、評価額が驚異的な速度で上昇していた時期と比べています。

建設会社の全ての部門が支払い勘定や給与計算などの金融ワークフローを自動化するためのプラットフォームを開発したBriqは、1億5,000万ドルの評価額で8,000万ドルの資金調達を行いました。このスタートアップは、2021年の6月に発表されたファンドレイズに先立ち、Tiger Global Managementをリードとした3,000万ドルのシリーズBラウンドを発表しました。

CEOおよび共同創設者であるBassem HamdyはTechCrunchのインタビューで、「ブラッククリスマスを待って、資金調達額を少なくし、発行済株式数を減らさずに評価額を据え置くことを選択した」と語りました。

Tiger Globalは、拡張ラウンドに参加し、Briqへの投資を倍増させました。MetaPropは、マネージングパートナーのAaron BlockがBriqの取締役会に参加する予定であり、BlackhornとEniacと共同でラウンドを牽引しました。数十億ドル規模のドイツ企業Nemetschekもバッカーに加わりました。

Brizには約400人の顧客がおり、2023年の年間継続収益(ARR)は2022年に比べて約40%の成長を遂げたと述べています。同社は人件費削減戦略も実施しており、2022年末までに従業員数を138人に45%減少させました。

顧客には、Briq Choate Construction、Catamount Construction、Fessler and Bowman、Elder Constructionなどが含まれます。

Hamdy氏は、「基本的には他のソリューションの上に座って、それらをより良く運営する」と説明しました。彼は「まるで指南書のようです」と付け加えました。

ビジネスプロセスの自動化ボット

前Procoreの役員であり、ウォール街のベテランであるRon Goldshmidtと共に2018年に設立されたBriqは、AIが主流の用語になる前からAIを提供に取り入れていると主張しています。

Briqは、一連の独自のテクノロジーを利用した提供を構築しており、その中でも最も重要なものはジェネラティブオートメーションボットの使用です。同社は200以上のボットライブラリを備えており、これらの金融ワークフローにおける「人間が通常行うアクションやタスクを学習しており、施工空間に特化したもの」とHamdy氏は述べています。

Briqは、Briq AutoPilotとBriq CoPilotの2つの製品でこれを展開しています。Briq AutoPilot製品はボットを使用して、支払勘定、売掛金勘定、給与処理など、80%まで自動化できると主張しています。

「これらのボットは文書の読み取り方を学び、その内容に応じてロジックを適用し、それに基づいてアクションを起こす方法を学んでいます」とHamdy氏は述べました。「会計部門向けのテスラのautopilotのようなものです。現場で労働力不足が起きているため、これらの部門に人員を投入する代わりに、当社のソフトウェアを使用できます」と述べました。

技術を展開するBriqのもう1つの製品はBriq CoPilotです。この製品は、ジョブコスト予測、売上認識、売上予測などの財務予測プロセスの作成と管理を自動化します。また、施工業者やプロジェクトマネージャーがコストオーバーランや見落とし変更業務などの財務リスクを回避するためのエンドユーザートレーニングやリスク検出なども提供します。

結果的に、Briqは企業が間接経費を削減し、利益率を向上させることができると主張しています。Briqによれば、これまでに建設業界で100万以上のタスクを自動化しています。

Hamdy氏は、Briqの競合他社はUiPathやAutomation Anywhereなどの企業だと考えています。

新しい地域への展開

MetaPropのBlock氏は、Briqの取り組みが建設業界ではユニークだと考えています。

「通常、私たちが建設現場のロボットを考えるとき、私たちは現場の機械を思い浮かべることが多いです。しかし、Briqはそれを逆転させ、建設業界においてロボットがコスト管理、給与処理、予測実行などのオフィス業務に使用されるアイデアを導入しました。この取り組みには建設コミュニティが熱中しています。事業をデジタルロボットの軍団としてスケールアップし、利益が弱まっている箇所を特定できる?そして彼らは24時間、週7日対応できる?その通り!

Briqは、北米の一般的および特殊施工市場を対象にしていますが、今後数年間で新たな地域に展開する予定があります。

Hamdy氏は、「私たちが本当に興味があるのは英語圏市場だけではありません。実際には、それらは優れた建設市場ではないと思います」と述べました。「中東やアジア、ヨーロッパの非英語圏新興市場の一部に非常に興味があります。それが強く進む方向です。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments