金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【衝撃!日本企業が月面基地建設に着手】- 未来の夢が現実に

【衝撃!日本企業が月面基地建設に着手】- 未来の夢が現実に

農業は、次の素晴らしいロボティクスのカテゴリーの1つになる見込みです。誰もが食べ物を必要とし、この地域で食べるものの大部分は大規模農場から供給されています。農場作業は体に負担をかけ、時には厳しい環境で長時間働くことを要求されます。また、しばしば移民労働者に頼るこのカテゴリーでは、従業員の雇用や定着が困難な場合もあります。

過去10年間に、さまざまなスタートアップが野外作業の自動化を試みてきました。この領域で一定の地歩を築くことは困難であり、それらのスタートアップの多くは、大手トラクターメーカーのジョンディアに買収されることで終わっているようです。ジョンディアは、このカテゴリーを完全に独占する意図があるようです。

ほとんどの場合、野外作業に取り組む若い企業は、雑草取りやリンゴの収穫など、特定の焦点からスタートします。パンデミックの初めに設立されたベイエリア拠点のFarm-ngは、はるかに広い範囲に網を広げています。同社の最初のシステムであるAmigaは、モジュラーな構造を持ち、幅広いタスクに展開することができます。同社は、カリフォルニア州の広大な中央海岸のパハロバレーとサリナスバレーの農場と協力しながら、モジュラー性のコンセプトにたどり着いたと述べています。

「これにより、農場のお客様にとってはレゴのようなモジュラーシステムが自らのソリューションを非常に低コストで構築できるなど、技術を農場利用者にアクセス可能にすることを心掛けています」と、元Nvidiaのエンジニアで新任CTOのクレア・ドロネイはTechCrunchに語っています。「機械的に適応し、メンテナンスやソフトウェアの拡張が簡単で、農場のニーズに合わせてカスタマイズできるモジュラーなアプローチを追求している…モジュール方式のアプローチは、農業の領域では新しいものではありません。トラクターは非常にモジュール化されており、作物や行事のタイプ、そしてツールの具体的な要件に合わせてトラクターをカスタマイズできる多くの販売代理店や統合業者が存在します。」

Farm-ngは、今朝1000万ドルのシリーズAを発表しています。Acre Venture Partnersを中心とするラウンドは、前年3月のシードラウンドに続きます。このスタートアップは、わずか18ヶ月で約100台のAmigaユニットを展開しています。新たな資金の一部は、同社の製造工場であるワトソンビル(前述のパハロバレー)の生産拡大に充てられます。

Farm-ngは、野外展開されたシステムについて迅速な投資回収を約束しています。

「Amigaの農場運営への統合は、お客様にとって時間とコストの効率の向上をもたらしました」とドロネイ氏は述べています。「一つのお客様の研究では、種まき、雑草取り、堆肥散布などのさまざまな用途でAmigaによる1週間の労働時間を50%から80%削減したと報告されています…1〜2シーズン後により具体的なデータが予想されますが、口コミではお客様がより効率的な運営がもたらす機会にワクワクしているとのことです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments