月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【インドのEV市場に大攻勢!】国際バッテリー企業が巨額資金調達

【インドのEV市場に大攻勢!】国際バッテリー企業が巨額資金調達

>国際バッテリー株式会社(International Battery Company)は、インドの成長するEV市場における需要と供給のギャップを埋める計画を立てているベンチャー企業であり、EV用のリチウムイオン電池セルの開発を行っています。このスタートアップは、TechCrunchの独占調査で判明したように、RTP Globalをはじめとする投資家から計3,500万ドルの資金調達を行いました。今回のプレシリーズAラウンドには、Beenext、Veda VC、およびさまざまな戦略的な韓国とアメリカの投資家も参加しています。また、スタートアップは今後の大型ラウンドに向けて7000万ドルを調達する計画を立てています。

>インドは、350万台以上のEV(電気自動車)が存在する国であり、そのうち約半数が電動二輪車、10%未満が四輪車で、その他は電動リキシャや三輪車、ごく少数の電気バスなどが含まれています。しかし、2023年にはすでにこの国では2300万台以上の自動車が販売されており、逆に見ると、EV自体の数は微々たるものです。

>ただし、新しい規制とメーカーへのインセンティブが提供されることで、EVのシェアは今後拡大することが予想されています。ニューデリーは2030年までに、内燃機関車の30%、二輪と三輪車の80%を電化することを目指しています。

>国際バッテリー株式会社は、この移行において機会を見出しています。現在、インド市場で使用されているEVバッテリーは、主に中国から輸入されており、安全性や持続可能性に懸念があります。これらのバッテリーパックは、現地の環境条件に適切に対応するように十分に設計されておらず、また摩耗に耐えるように適切に製造されていません。それにより、電動二輪車が発火するという事例も報告されています。国際バッテリー株式会社は、これらの問題に取り組み、自社内で開発したリチウムイオン電池セルを使用して、現在および将来のEVバッテリーの需要を国内で満たすことを謳っています。

>「インド市場には非常に多くの需要があり、現在は輸入によってその需要が満たされています。現在、インドではセルの生産は行われていません。したがって、私たちはインドでその旅に参加したいと思っています」と、国際バッテリー株式会社の創設者兼CEOであるプリヤダルシ・パンダはTechCrunchのインタビューで語りました。

>シリコンバレーに本拠地を置く国際バッテリー株式会社は、パンダによって2022年に設立され、大型再充電可能プリズマチックリチウムイオンニッケルマンガンコバルト(NMC)バッテリーの製造を専門としています。このスタートアップは、二輪車、三輪車、小型商用車(LCV)、農業および産業用機器などからなる小規模なモビリティセクターをターゲットにしています。

>国際バッテリー株式会社は、シリコンバレーでバッテリーテクノロジーの研究開発を行い、韓国の製造プラントでLi-ionセルを製造しています。これらのセルはインド市場に特化しており、高温環境で安全に運用し、急速充電機能をサポートし、延長された寿命を提供するように設計されています。また、これらのセルは7〜10年の保証期間があります。

>この製造プラントは、完全にリサイクルおよび再利用可能な国連38.3基準に基づいたLi-ion NMCバッテリーセルを生産しており、本スタートアップは12月にインドの標準規格機関であるBIS(Bureau of Indian Standards)から認証を受け、EVバッテリーセルの販売を開始しました。

>さらに、国際バッテリー株式会社は韓国で製造する一方で、カルナタカ州政府との間での覚書により、2028年までにインドのベンガルールに10GWhの施設を建設することも計画しています。スタートアップは最初に、同州内の100エーカーに広がる2GWhの施設の構築を2025年までに目指しています。これは、既存の韓国工場の「完全な複製」となる予定です。

>国際バッテリー株式会社の設立者であり、プリヤダルシ・パンダ氏は、IITカーンプール校およびMITの卒業生であり、インテルでシニアプロセスエンジニア、Lam Researchで生産性リード、Applied Materialsでディレクターを務めた経験を持っています。彼は以前、ニューヨークでプリズマティックリン酸塩系リチウムイオンギガファクトリーおよび韓国でプリズマティックリチウムイオンNMC工場

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments