金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【資金力と投資先が一網打尽!】Top Tier Capitalが105億ドルを調達、ファンドとスタートアップへ投資加速

【資金力と投資先が一網打尽!】Top Tier Capitalが105億ドルを調達、ファンドとスタートアップへ投資加速

最近のインフレに関する混合したニュースにもかかわらず、資本はシリコンバレーに元気に流れ込んでいます。その好例が、サンフランシスコを拠点とするVCおよびプライベートエクイティ企業であるTop Tier Capitalが、本日、グローバルなベンチャーファンドやテック企業への投資にさらに10億5,000万ドルを調達したことを発表しました。

TechCrunchとの電子メールでの対話の中で、Top Tierのマネージングパートナーであるデイビッド・ヨーク氏は、新たに調達された資本について述べ、その中にはTop TierのFund Xやシングルインベスターファンド、個別の口座も含まれると説明しました。これらの資本は、ヨーロッパ、中東、アジアへの投資に重点を置く予定です。

ヨーク氏は声明の中で、「私たちは、技術のグローバルな成長に対して非常に大きな信頼を持っており、将来的な投資活動にも期待を寄せています。最も強い企業は、しばしば不確実な市場で築かれ、デジタル経済は世界のGDP全体の一部として成長し続けています。私たちはここに機会を見いだし、このビジネスにおけるより強力なベンチャーフランチャイズの1つとして投資を試みることに焦点を当てながら、将来の事業拡大のために当社を構築する機会だと考えています。」と述べています。

Top Tierは、2011年にフィリップ・ポール氏によって設立され、Paul Capitalから分離されました。同社は主にVCファンドへの投資を行っていますが、直接のセカンダリ投資や共同投資の形でスタートアップ企業にも投資しています。同社はAndreessen Horowitz、Mayfield Ventures、Creandumなど約400のファンドへの投資を保有し、バイオテクノロジーやソフトウェアアズアサービス(SaaS)、web3、AIなどの分野で16,000を超えるベンチャーバックド企業へのエクスポージャーを持っています。

設立以来、サンフランシスコ、ボストン、ロンドンにパートナーを擁するTop Tierは、12のファンドにわたり約37億ドルの資本を調達し、管理資産額は80億ドルを超えています。同社の出口企業には、企業パフォーマンス管理プラットフォームのAnaplan、サイバーセキュリティスタートアップのCarbon Black、クラウドアプリ管理企業のEngine Yardなどがあります。

最近のTop Tierのスタートアップへの投資としては、荷物用ロボティクスビジョンシステムを開発しているPlus One、フリーランスの金融専門家を企業とマッチングするマーケットプレイスであるParo、AIパワードのウェアラブルデバイスであるHumaneなどが挙げられます。

新たな資本の発表と同時に、Top Tierは、ロンドンのSVB Capitalの元マネージングパートナーであるジョナサン・ビッグス氏を投資パートナーとして迎え入れることを発表しました。彼はロンドンに在住し、同様にTop Tierのミシェル・アシュワース氏もビッグス氏の採用に伴いパートナーに昇格します。

Top Tierのマネージングディレクターであるジェシカ・アーチボールド氏は、プレスリリースで「現在の市場は異なっていることを知っており、イノベーションは絶え間ないものであることも認識しています。私たちは、私たちの未来を支える企業が今日築かれていると信じており、当社の深い業界知識と長年にわたる関係性が私たちをユニークな投資パートナーにしていると考えています。」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments