月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【未体験のスリリングな冒険!】ロケットを作り、グランド・セフト・オートの世界中を駆け巡れ!

【未体験のスリリングな冒険!】ロケットを作り、グランド・セフト・オートの世界中を駆け巡れ!

< >Build a Rocket Boyは、Grand Theft Autoフランチャイズの元リードデベロッパーの1人によって設立された、スコットランドに本社を置くゲーム開発会社です。本日、同社はシリーズDの資金調達で1億1000万ドルを調達したことを発表しました。

この資金調達は、同社の最初のタイトルと没入型オープンワールドプラットフォームの待望のローンチに先駆けて行われました。

レズリー・ベンジーズは、Rockstar Northの元社長としても知られており、2001年の第3作目からその後の各作品までのGrand Theft Autoシリーズの開発を牽引しました。2016年には17か月の休職期間を経て同社を退職しました。彼は同年に元雇用主に対して訴訟を起こし、実質的に追い出され、ゲームの利益の一部を受け取る権利が否定されたと主張しました。その訴訟の多くは2年後に法廷で却下されましたが、当事者間は2019年に機密の和解に達しました

この間、ベンジーズは次の大きなプロジェクトの基盤を築いていました。

当初、ロイヤルサーカスゲームス(エジンバラの名高い住所にちなんで名付けられた)と呼ばれていた会社は、Rockstarの親会社であるTake-Two Interactiveを代表する弁護士たちは、“RCG”の頭字語がRockstar Games(RSG)と非常に似ており、意図的に混同されるようにデザインされていると主張しました。この告発の直接的な結果かどうかは明確ではありませんが、ロイヤルサーカスゲームスは2018年にBuild a Rocket Boyに変わり、少なくとも4,000万ドルを調達して新しいタイトルの開発と商品化を行うこととなりました。

これらのタイトルは正式に発表される前ですが、同社はEverywhereという新しい没入型オープンワールドプラットフォームを予告しており、これはプレイヤーが自分自身の世界を作り上げることができる「コミュニティ主導のゲーム」として位置づけられています。そして、MindsEyeと呼ばれるストーリー重視のアクションアドベンチャーもあります。

両方のタイトルは「近い将来」にローンチされる予定です。さらに、同社はArcadiaと呼ぶユーザー生成コンテンツ(UGC)デザインツールのスイートも導入します。

「私はBuild A Rocket Boyを立ち上げたのは、私がプレイヤーと共有したいストーリーを続けながら、彼らが作成し共有する場所を提供したかったからです。」とベンジーズはプレスリリースで述べています。「私たちは、ゲーム作成がプレイヤーの手に委ねられる未来を信じており、彼らに共にこのビジョンを形作るためのツールを提供します。」

Build a Rocket BoyのシリーズDラウンドは、ニューヨークの投資会社RedBird Capital Partnersを中心に、NetEase Games、Galaxy Interactive、Endeavor、Alignment Growth、Woodline Partners、GTAM Partnersなどが参加しました。

Build a Rocket Boyは、エジンバラに本社を置く他に、ブダペスト(ハンガリー)とモンペリエ(フランス)にも開発拠点を設立しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments