金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【電気自動車の未来に革命!】EV充電スタートアップElectraが33億ドルを獲得

【電気自動車の未来に革命!】EV充電スタートアップElectraが33億ドルを獲得

Electraというスタートアップが、330億ドル(304億ユーロ)のシリーズBラウンドを立ち上げました。資金調達額が3億ドルを超えるシリーズBラウンドが全て株式で行われることは、珍しいことです。

Electraは、フランスや他のヨーロッパ諸国で充電ステーションネットワークを構築している電気自動車充電会社です。現在、同社は172の稼働中の充電ステーション(各ステーションに数箇所の充電ポイントがあります)を保有し、さらに105のステーションの展開を進めています。

これらの172の充電ステーションは、約1,000の充電ポイントを提供しています。スーパーマーケットの駐車場やホテルの前、高速道路の休憩所などで充電ポイントを見つけることができます。また、同社はトゥールーズの空港と提携し、そこに充電ステーションを設置しています。

Electraが他のEV充電ネットワークと異なるのは、高速充電ステーションに特化していることです。また、同社は独自のソフトウェアスタックを開発し、同社のアプリが充電ステーションとスムーズに連携するようにしています。

これにより、いくつかの興味深い機能が解放されます。例えば、Electraはリアルタイムで充電ステーションの状況を把握しています。顧客は充電ステーションに向かうときに、利用可能なスポットが確実にあることを知ることができます。

さらに、利用可能な充電ポイントが限られている場合、顧客は事前に充電ポイントを予約することもできます。フランスでは充電スピードに応じて、0.39ユーロから0.52ユーロ/ kWhで充電料金を設定しています。

EV充電ネットワークを構築するには莫大な費用がかかります。今回の新たな資金調達ラウンドは、さらなる充電ステーションの展開に使用される予定です。Electraは、2030年までに2,200のステーションに15,000の充電ポイントを展開することを目指しています。

Dutch pension fund service providerであるPGGMとBpifrance’s Large Venture Fundが、この資金調達ラウンドを主導しています。既存投資家であるEurazeo、RIVE Private Investment、SNCFグループ(574 Investを通じて)、Serenaも再び参加しています。

それというのも、Electraは以前にもスイスのEIP、RATP Capital Innovation、CDC’s Banque des Territoires、Ademe Investissement、Eiffel Investment Group、RGreen Invest、Frst、Allianz、Groupe Chopard、Altareaから資金を調達していました。Electraの株主には、かなりの数の大手インフラプレーヤーや公的金融機関がいます。

Electraは、ドイツに拠点を置くもう一つのヨーロッパのEV充電スタートアップであるIonityと競合しています。Ionityは数年前に7億ユーロの資金調達を行いました。EVPassportという北アメリカの他のEV充電プレーヤーも、最近2億ドルを調達しました。

これらの企業は、インフラプレーになりますが、資金調達に株式を選択していることに興味深いです。通常、巨額の資本需要を持つスタートアップ企業は、金融パートナーとのクレジットラインを確保することが多いですが、EV充電業界では、インフラファンドがこれらの企業に財務的な出資を求めているようです。

(参考)Ionityがブラックロックと自動車メーカーから7億ユーロの投資を受け、EV高速充電ネットワークを拡大(英語記事)

(参考)EVPassportが2億ドルを調達し、アプリレスの充電インフラを構築(英語記事)

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments