金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【医師のためのAIアシスタントが更なる進化!】Nablaがさらに2億4千万ドルの資金調達を達成

【医師のためのAIアシスタントが更なる進化!】Nablaがさらに2億4千万ドルの資金調達を達成

パリを拠点とするスタートアップ、Nablaは、Cathay Innovationが主導し、CMA CGMの企業VCファンドであるZEBOX Venturesも参加したシリーズBの資金調達ラウンドで2,400万ドルを調達したと発表しました。この資金調達ラウンドは、Nablaが米国のヘルスケア大手であるKaiser Permanenteの一部門であるPermanente Medical Groupと大規模なパートナーシップを締結した数か月後に行われました。

情報源によると、Nablaは今回の資金調達ラウンドにより、評価額が1億8000万ドルに達したとされています。また、このラウンドの一環として、Nablaはさらに米国の投資家から追加の資金調達をする可能性もあります。

Nablaは、医師やその他の医療スタッフ向けのAIコパイロットの開発に取り組んでいます。これは、部屋の一角に座り、メモを取り、医療報告書を作成する、まるで無口な仕事のパートナーのような存在です。

このスタートアップは、元々Alexandre Lebrun、Delphine Groll、Martin Raisonによって設立されました。NablaのCEOであるLebrun氏は、AIアシスタントのスタートアップであるWit.aiのCEOであり、その後、FacebookのAI研究所FAIRのエンジニアリング責任者になりました。

数週間前、私は医師と偽の患者が背中の痛みを訴えるシチュエーションでNablaの実演を見ました。医師が診察を開始すると、Nablaのインターフェースでスタートボタンを押し、コンピューターを忘れるのです。

診察には、身体検査の他にも、ここに来た理由や医療史に関する多くの質問が含まれます。診察の最後には、勧告や処方箋も出ることがあります。

Nablaは、会話を書き起こすために音声認識技術を使用しています。対面診療とテレヘルスの両方で使用することができます。

患者が去った後、医師は停止ボタンを押します。その後、Nablaは医学的なバイタルサインや薬剤名、病状などの診察で重要なデータポイントを特定するために、医療データや医療に関する会話を織り交ぜた大規模な言語モデルを使用します。

Nablaは、1〜2分で詳細な医療報告書を作成し、診察の要約、処方箋、フォローアップ予約の手紙を提供します。

これらの報告書は、医師のニーズに合わせてカスタマイズできます。例えば、ノートを簡潔にしたり、詳細にしたりする指示を追加することができます。また、米国で広く使用されているSubjective, Objective, Assessment, Plan(SOAP)ノートのパターンに従ったノートを生成するように依頼することもできます。

私が見たデモの中で、Nablaの効果には非常に驚きました。混雑した部屋で、デモのプレゼンターから数メートル離れた場所に設置されたノートパソコンで実行されているにも関わらず、ツールは正確な書き起こしと有用な報告書を生成することができました。

Nablaコパイロットという名前が示すように、このスタートアップは医療現場から人間を排除しようとはしていません。医師はEHR(電子健康記録)システムに報告書を記録する前に、最終的な判断を下すことができます。

代わりに、Nablaは医師が行政作業に費やす時間を節約し、患者により多くの時間を注ぐことができると考えています。

「我々が知る限り、近い将来において医師を置き換えようとはしていません。イギリスのBabylonのように、チャットボットを導入し、すぐに自動化して医師をループから外そうとする企業がありました。しかし、私達は以前からNablaコパイロットでは、医師たちがパイロットであり、私達は彼らのサイドで作業をすると決めています」とLebrun氏は述べました。

「それは自動運転車のための自動化のようなものです。私たちは今日、レベル2にいます。近々、臨床保証サポートを開始してレベル3に進みます。そして、FDAの承認を得た臨床的意思決定サポートがレベル4です。なぜなら、説明できない意思決定を行うからです」と彼は付け加えました。

ある時点では、医療現場から医師を排除するレベル5の自律型医療も考えられます。しかし、Lebrun氏はここでは非常に慎重です。

「一部の市場、例えば医療へのアクセスがない特定の国では、それは妥当な選択であると思われます」と彼は述べました。長期的には、彼は診断プロセスをAIで解決できる「パターンマッチングの問題」と見ています。医師は共感、手術手順、および重要な意思決定に焦点を当てることになるでしょう。

Nablaはフランスに拠点を置いていますが、Permanente Medical Groupを訪れたことで、米国の顧客が大半を占めるようになりました。Nablaはただの開発途中ではなく、すでに数千人の医師が毎日使用しています。

<Nablaのプライバシーモデル>

Nablaは現在、ウェブアプリまたはGoogle Chrome拡張機能として利用可能です。同社は、自社が機密データを取り扱っていることを十分に認識しています。そのため、医師と患者の両方が同意しない限り、音声や医療ノートはサーバー上に保存されません。

Nablaはデータの処理に重点を置いており、データの格納にはあまり関与しません。診察後、音声ファイルは破棄され、書き起こしは医師が既に患者ファイルに使用しているEHRに保存されます。

より具体的には、医師が録音を開始すると、音声は細かく調整された音声認識APIを使用してリアルタイムで書き起こされます。Nablaは、Microsoft Azureの市販の音声認識APIと自社の音声認識モデル(オープンソースのWhisperモデルに基づいた調整モデル)の組み合わせを使用しています。

「通常の音声認識アルゴリズムだと、医療データに対して良い結果が得られる可能性はありますが、そうでない場合もあります。しかし、私たちは調整済みのモ

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments