木曜日, 4月 18, 2024
ホーム環境【愛猫の健康のために!貴方にオススメするSmallsのキャットフード】

【愛猫の健康のために!貴方にオススメするSmallsのキャットフード】

ペット産業は、パンデミック中に家に閉じ込められた人々が毛むくじゃらの友達を家族に加えることを決めたため、過去3年間で急速に拡大しました。支出が2019年に1,180億ドルだったこの産業は、成長が止まっていないと分析家たちは言います。2030年までに2770億ドルに倍増すると予測しています。[出典:モルガン・スタンレーの調査報告書]

このカテゴリは、犬が主流であり、犬の飼い主は年間平均1,480ドルを使いますが、猫の飼い主は年間平均902ドルしか使いません。そのため、主に犬に焦点を当てた食品など、犬中心の製品が多数見られます。

純粋に猫向けに展開するスタートアップはごくわずかですが、ペットスペースで猫と犬の両方に同等の立場を与えようと試みたものもあります。たとえば、猫用の定額制ペットフードの[Smalls] と同様の競合相手として、[The Farmer’s Dog]という、犬と猫両方に対応した直販ブランドがあります。Smallsは[Cat Person]、Ziggy、[Made by Nacho]、そして[KatKin]など、ごく少数のグループに含まれます。

「パンデミック中、多くのペットが譲渡されることが明らかになりました」と、マイケルソンCEOはTechCrunchに語りました。「猫の譲渡は犬よりも急速に増加し、このカテゴリがアップすることが予想されました。しかし、私たちは、新鮮な食品をこのカテゴリと猫の飼い主に提供することで、非常に孤立していると感じました。それは私たちにとって驚きでした。米国の文化における犬に対する文化的な偏見が、猫に対する偏見を引き起こしていると思います。」

2017年以降、5年以上と4回の製品導入を経た後、マイケルソンCEOと共同創業者のCalvin Bohnは、会社を拡大するために自社で行動するように指導しています。そして、猫カフェを開店し、小売業に参入しています。この拡大は、2022年中旬に実施されたシリーズBラウンドでの1900万ドルの資金調達を支えています。

同社はこれまでに3,400万ドルを調達し、2020年にTechCrunchが報じた900万ドルのシリーズAを含みます。マイケルソンCEOは、最近のラウンドの評価額を明らかにしませんでしたが、「評価額が上昇しました」と述べました。

シリーズBは、現在の投資家であるFounder Collective、Companion Fund、Left Lane Capitalをリードし、このほか、新たにValor Capital、General Millsのベンチャー・キャピタル部門の301 INC、オハイオ州立大学の基金が投資しています。

猫カフェの開店と販売開始に加え、新しい資金調達により、Smallsは従業員を25%増員することができます。現在、同社には50人の従業員がいます。

同社のブランドは、2017年以来、顧客数と売上高の両方で年間2倍に増加し、10万匹以上の猫にフードを提供する売上高は8桁にまで達しました。この成功の裏にあるのは、マイケルソンCEOによると、利益を得るための道筋です。

「私たちはまだ120億ドルのカテゴリーの小さな部分です」とマイケルソンCEOは語っています。「誰でもテレビや地下鉄で広告を打つことができますが、Smallsだけが猫カフェをオープンでき、それが意味を持つのです。これは、ブランドを構築するためにやりたいことの一例です。もう一つのポイントは、製品のイノベーションに投資し続けることです。新鮮な食品は非常に成長しているカテゴリーで、市場により健康的な食品や製品を供給するために、カテゴリーに先取りしたり、2歩先を行ったりする必要があります。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments