月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【Zoomが競合企業を圧倒!新機能を追加で他社を抜き去り!】

【Zoomが競合企業を圧倒!新機能を追加で他社を抜き去り!】

従業員1300人(スタッフの15%)を解雇した数週間後、Zoomは、Slack、Calendly、Google、Microsoftなどの多数の企業と競争するための新機能を導入しています。これらの機能には、AIを搭載したミーティングサマリー、プロンプトベースのメール応答、ビデオ「ハドル」、ミーティングスケジュラーなどがあります。

同社は、ユーザーに自社のツールによる作業タスクをもっと移行してもらいたいと考えています。そのため、Zoomは、誰でも使用できる電子メールとカレンダークライアントを開放しています。ビデオ会議企業は、昨年大々的に会議以外のエリアを探求するためにこれらのツールをテスト開始しました。有料ユーザー向けには、エンドツーエンドの暗号化保護とカスタムドメインを提供するホステッド電子メールおよびカレンダーサービスも用意されています。企業は、これらのサービスをMicrosoft ExchangeやGoogle Workspaceの代替手段として使用できます。

現在、企業が生成AI機能を発表する少しの時間しかありません。 Zoomは、Zoom IQアシスタントを拡張し、ミーティングに途中で参加する場合でもAIによるサマリーと「さらに質問」という機能を提供するようになりました。ミーティングが終了すると、ボットはサマリーをZoomのチームチャット機能に投稿することができます。アシスタントは、チームチャットのスレッドを要約することもできます。

今まで、Zoom IQには、ハイライトを記録し、ミーティングを章に分け、アクションアイテムを自動的にリスト化する機能がありました。昨年、同社は販売チーム向けのZoom IQ for Salesを開始し、ビデオ通話から洞察を提供することを目指しました。

Zoomは、ユーザーがチャット、メール、およびホワイトボードセッションを作成し、ミーティングアジェンダを作成するのを支援するZoom IQを利用した生成未来を約束しています。同社は来月、これらの機能を試してもらうためにユーザーを招待し、今後の大規模展開を計画しています。同社は、AI機能についてOpenAIと提携していると述べましたが、そのパートナーシップがAPI利用だけなのか、それ以上であるのかは明らかにしませんでした。

同社は、AIにフォーカスされていない製品もいくつか紹介しました。公開ベータ版のZoom Schedulerを発表しました。これは、アポイントメントを予約するためのCalendlyのようなツールです。 Zoomはまた、人々がいつでも入退室できるバーチャルなコワーキングスペースであるZoom Huddlesを紹介しました。この機能は、2021年に導入されたSlack Huddles機能に似ています。これにより、クイックな音声またはビデオベースのリアルタイム会話が可能になります。

Zoomは、多くの戦いをしているようです。一方で、MicrosoftやGoogleなどの多くの企業と戦うために、電子メール、ミーティングアジェンダ、およびホワイトボードを作成するための生成AI機能を導入しています。ともに新しい生成AI機能を職場向けに発表しています。一方、Slack、Calendly、およびOtterと競合するワークプレイスツールとして、関連付けられています。

最近、SlackはOpenAIとの共同作業でChatGPTボットを発表しました。一方、トランスクリプトツールのOtterは、会議を自動要約するOtterPilotアシスタントを提供しました。でもそれだけではありません。たくさんの その他の 会議関連の ツールが、さまざまな形式で生成された要約機能を発表しています。

昨年12ヵ月でZoomの株価は40%以上下落しました。同社は、2023年の第4四半期の業績結果では、2018年以来の初めての108ミリオンドルの四半期損失を計上しました。同社は、今期の成長率を1.1%に抑え、435億ドルから445億ドルの収益を見込んでいます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments