木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【LinkedInがシリーズA調達を実現!】最新の成功事例から学ぶ投資戦略

【LinkedInがシリーズA調達を実現!】最新の成功事例から学ぶ投資戦略

2023年の第2四半期には、投資活動が3年来の低水準に達し、現在私たちは資金調達の冬の最中にあることが明らかです。

しかし、シリーズAを控えた創業者たちは特に厳しい状況に直面しています。米国のシードスタートアップは、投資家がより高コストのレイトステージラウンドに対して小規模な取引を選択することで、資金調達の低迷に最も影響を受けませんでした。これは新しいスタートアップにとって短期的には好ましいニュースでしたが、現在は過去最高のシードステージ企業がパイプラインに存在し、シードとシリーズAの平均資金調達期間は25ヶ月に延びています。

優れたピッチデッキを持つことは、投資家にあなたのアイデアに賭ける理由を与えるものですが、まず会議を確保しない限りは誰もを説得することはできません。

2023年には、創業者は投資家の注目を積極的に引くために行動する必要があります。その点でLinkedInは非常に貴重なリソースとなります。世界中に9億5000万人を超えるプロフェッショナルメンバーを持つプラットフォームは、潜在的な投資家を調査し、新しいつながりを構築し、こうした関係を育むための計画的なプロセスを提供し、シリーズAを調達する時までに直接ステージを設定します。

ここでは、LinkedIn上の投資家ネットワークのリーチと可視性を向上させるための4つの戦略的な手順を紹介します。

投資家ネットワークを拡大する

おそらく既にいくつかの投資家があなたのネットワークに含まれているかもしれませんが、このプロセスの最初の段階では、このプールを大幅に増やすことに焦点を当てます。LinkedInでの求職者の成功を探る研究では、弱いつながり(あなたがあまりよく知らない人々の大規模な集まり)との関わりが強いつながりよりも多くの仕事をもたらすことが明らかになりました。資金調達を準備している創業者にとっても、同様の科学が成り立ちます。

すべてのリクエストが新しいつながりにつながるわけではありませんが、忍耐と一貫性を持っていれば、投資家のプールは着実に成長し始めます。

リードジェネレーションプロセスと同様に、進捗状況を追跡し、結果を測定する能力は、この戦略にとって重要となります。したがって、まず最初の注文は、潜在的な投資家の包括的なデータベースを作成することです。

ここで時間をかけて調査を行ってください。LinkedInを利用すると、膨大なディレクトリにアクセスできるため、自社に関連する幅広い投資家を見つけることは最初の数回の検索結果では達成できません。“investor” + “industry”といったもっとも明らかなキーワードから始めることは論理的ですが、さらに検索クエリを工夫する必要があります。たとえば、多くの投資家は特定のバックグラウンドを持つ創業者をサポートしたり、特定の影響を与える事業と合致するスタートアップに資金を提供したりすることを考えていますが、このようなシナジーを見つけるには、高度な検索機能を利用してネットを広げる必要があります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments