木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【日本のバケーションホーム市場に革命!】Summerが1億8000万ドル調達

【日本のバケーションホーム市場に革命!】Summerが1億8000万ドル調達

複数の調査は、若い世代の人々が、先代の世代よりも住宅を購入するのが遅いことを示しています。しかし、比較的新しいスタートアップ企業であるSummerは、この世代の人々に、Airbnbなどのマーケットプレイスで貸し出すための「第二の」不動産を購入するよう説得できると考えています。

Summerは、「データと分析」を利用して顧客(メンバーと呼んでいます)をサポートし、短期レンタルの収益を予測し、ニーズと目標に合ったレンタル物件を見つけることができると主張しています。

SummerのCEO兼創業者であるポール・クロミダスは、TechCrunchに対してメールで次のように語っています。「Summerのプラットフォームでは、AIと分析を組み合わせて、短期レンタルの収益の見積もりを作成しています。これは、短期レンタル収益のためのZestimateに相当するものです。」クロミダスは、Summerを設立する前はAirbnbでプロダクトと戦略のリードを務め、AirbnbのLuxe製品を作成するのに関与しました。また、クロミダスは、「短期レンタルの購入および貸し出しにはさまざまなリスクと障壁が存在し、Summerはこの課題を軽減することを目指しています。」と述べています。

Summerでは、3つのメンバーシップルートが提供されています。「段階的な」所有、または「即時」の所有、または既存の所有物件をSummerプラットフォームに持ち込むことができます。

段階的な所有パスを選んだメンバーは、Summerのポートフォリオから物件を選び、リストをSummerに送信して適合するかどうかを確認したり、Summerの取得チームと一緒に市場で条件に合う物件を探したりします(これはSummerのビジネスモデルにも合致する必要があります)。Summerは、オファーの提出、クロージングの手続き、ホームインスペクションおよびデューデリジェンス、さらに内装設計と家具付けについても対応します。

その代わりに、Summerは購入価格の15%から始まる初期支払いと月額会費を請求します。Summerのメンバーは、自分自身のバケーションホームやSummerネットワーク内の他のホームの滞在に使えるクレジットを受け取ることができます。

自分自身の家で滞在を予約する必要があるかもしれませんが、Summerはその特典がこれを補うと主張しています。Summerは物件を管理し、レンタルのゲスト予約も行います。初期の支払いと月額会費は、将来の物件の購入に対してオーナーに充当されます。

2年以上経過した時点で、メンバーがSummerが管理する物件を購入することを決定した場合、初期の支払いと月額会費の100%は購入代金に充当されます。もし購入をしない場合、2年後に初期支払いは返金されます。

即時にSummerと共同で物件を購入することを選ぶメンバーは、まずオファーをSummerに提出します。それが受け入れられれば、Summerは手続きを完了し、必要に応じてホームデザイン(および必要な場合は建設)を手配し、インハウスの物件マネージャーに短期予約を準備します。

また、完全に購入済みの第二の自宅を所有している場合、Summerに物件を管理させ、レンタルプラットフォームにリストアップし、ソーシャルメディアで宣伝することもできます。

クロミダスは、Summerの家は(おそらくダジャレを意識した)競合他社よりも「高い収益」を生み出し、「共同ブランドの全国的なマーケティング」と「スピードアップ」のメリットを享受していると主張しています。

彼は、「Summerの製品は、新しい家を購入したり、既存のバケーションホームの利用率と流動性を高めたい人々に向けられています。需要が高まった場合でも、購入や貸し出しに対応しています。」と述べています。

確かに、Summerは魅力的な提案をしています。完全にハンズオフのバケーション物件管理(ゲストとのメッセージのやり取りやレビューへの対応を含む)が可能ですが、前払い費用を負担できる立場にいるわずかな人々に対してです。しかし、短期レンタル市場での競合他社(Pacaso、AvantStay、Kindredなど)と同様に、法的制約による障壁があるという事実もあります。

ホノルル市長リック・ブランジアルディによって署名された最近の法案では、物件所有者は最低90日間のレンタルユニットの予約をする必要があります。ニューヨーク市では、短期間のリスティングに対する厳格な制限が強制され始めています。コロラド州アスペンでは、レンタル物件の所有者に新たな税金が提案されています。テネシー州チャタヌーガでは、非所有者居住ユニットの新規申請が一時停止されています。

Summerのようなレンタルプラットフォームは、住宅供給を食いつぶし、価格を押し上げることに対しても批判を受けています。しかし、これらの逆風は投資家を萎えさせることはなさそうです。

Summerは、QEDとViola Groupをリードとするバッカーによる資金調達ラウンドで1,800万ドルを調達したと発表しました。さらに、Setpoint Capitalから5,000万ドルの債務施設を受け取りました。この資金は、プラットフォームの研究開発、新しい市場への拡大、ブランディング活動に充てられる予定です。

Summerだけでなく、短期レンタル会社も資金を調達しています。Crunchbaseの分析によると、2021年7月から2022年4月までに、17のレンタル関連のアメリカ企業が発行した合計13億ドルの資金調達がVC企業から行われました。

クロミダスは、Summerの顧客数や年間再発生収益については明言しませんでした。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments