木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【未来の働き方を体験せよ!】FabricがAIパワーで情報を一元化する新たなワークスペースを発表

【未来の働き方を体験せよ!】FabricがAIパワーで情報を一元化する新たなワークスペースを発表

AIは個人の生産性向上のためにより優れたファイルシステムとワークスペースを提供できるのか?それが今日の公開を控えている新しいスタートアップ、Fabricが提供しようとしているものです。同社は、AIを活用したサービスを設計しました。このサービスは、文書や他のファイルを整理するのに役立ち、AIアシスタントを使って照会することができる情報の中心地として機能します。

このサービスは、GoogleのBard AIがGoogleのアプリ(Gmail、Drive、Docs、Maps、YouTubeなど)にアクセスする方法といくつかの類似点があります。また、スタートアップのRewindは、コンピュータの使用状況を記録することで行ったすべてのことを検索可能な記録にする方法とも類似点があります。しかし、BardはGoogleアプリに限定されているのに対し、Fabricはさまざまなファイルやアップロードに対応しており、任意のテキストベースのドキュメント、画像、ブックマーク、リンクを持つインターネットコンテンツなどをサポートしています。また、近日中にオーディオやビデオのサポート、他のクラウドサービスとの接続も可能になる予定です。

Fabricは、2022年にロンドンを拠点とするソフトウェアエンジニアのJonathan Breeによって設立されました。元々彼のアイデアは「マルチプレイヤー」の共同ウェブブラウザを作成することでした。そのコンセプトは現在Fabric内で存続しており、ユーザーは共同作業ができる専用の共有スペースを作成し、ドキュメントの共同編集やチャットが可能です。たとえば、プロジェクトファイルの共有、一緒に旅行の計画を立てる、インスピレーションを集める、デザインをレビューするなどに使用できます。これは、ウェブブラウザArcの共有フォルダとスペースにいくつかの類似点があります。

Fabricを使用するには、Google DriveやDropboxと同様に、個々のファイルやフォルダをアップロードすることもできますが、リンクを追加したり、Fabricのインターフェースで簡単なテキストノートを作成したりすることもできます。その後、組み込みの検索ボックスを使用してその情報を後で見つけたり、自然言語クエリを使用してAIチャットボットであるFabricアシスタントに照会したりすることができます。後者は、探しているファイルの正確な名前を覚えていない場合に役立ちます。また、画像内の内容や画像内のテキストを理解することで、保存したスクリーンショットを検索することもできます。

Fabricの動力源は、WhisperというオープンAIの自動音声認識システムを含む、約12のAI技術グループです。また、内部で、同社はファイルの種類を検出し、必要なツールを適用するための独自の「アンラップエンジン」を開発しました。

「それはすべてを一つの普遍的な形式にまとめるものであり、それからすべてがこのワークスペース内で利用可能になります」とBree氏は説明しています。彼はさらに、「将来のコンピュータのデスクトップやオペレーティングシステムのように考えることができる」と述べています。Bree氏はさらに、「データ検索エンジンではない製品です。検索機能はありますが、Dropboxが作成すべきだったような製品です」と付け加えています。

Fabricのすべての情報は、移動中および静止中に暗号化されています。Bree氏は、同社はまだセキュリティの監査を行っていないが、近い将来にGoogle Drive、Notion、Dropboxなどとの接続のサポートを追加するにつれて監査を行う予定だと述べています。

Fabricは、ウェブ、ブラウザ拡張機能、デスクトップアプリ、ネイティブモバイルアプリのいずれの形式でも利用することができるため、いつでもどこでもサービスにアクセスすることができます。Bree氏は、Fabricの現在のターゲットユーザーは「プロスーマー」、つまり研究者やクリエイター、その他のパワーユーザーであり、フリーランサーのようにさまざまなプロジェクトを行き来する人々だと考えています。

「私たちは実際の現実、つまり人々は忙しいという実際の現実、そして組織化されていないということを念頭に置いて設計しました」とBree氏は語っています。「また、情報はさまざまな場所に存在します。普通のツールであるNotionを使用すると、クリーンなキャンバスが用意されます。しかし、ブックマークはどうなりますか?スクリーンショットはどうなりますか?情報が存在する他のすべての場所はどうなりますか?私たちは新しいアプローチを採用しました。それはすべての情報のホームです…私たちの野望は、情報が存在するすべての場所を接続可能にすることです」と彼は付け加えています。

このスタートアップは、待機リストを本日公開し、ウェブまたはアプリを介してサービスを試したい早期導入者に提供します。(iOSモバイルアプリは一般のアプリストアに公開されていませんが、現在TestFlightを通じて利用可能です。)本日のローンチに先立ち、Fabricは数千人のユーザーによるテストを行ってきました。

ビジネスモデルは、500GBで月額$6から4TBで月額$50までのさまざまなプランがあります。

“それで、Dropboxのように使えます”、Bree氏は指摘しています。

このスタートアップは、米国とイギリスの両方に拠点を置く3名のリモートチームで、Fabricの創設チームにはLeonard Marcq氏とIvo Silva氏も含まれています。スタートアップは、Seedcampをリードとする100万ドルのプリシードラウンドを調達し、FigmaなどのAIの専門知識を持つエンジェル投資家やAcequia Capitalなども参加しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments