火曜日, 12月 12, 2023
ホームスタートアップ【未来の介護を変える】ケアパトロン、画期的なケアプラットフォームを発表!

【未来の介護を変える】ケアパトロン、画期的なケアプラットフォームを発表!

TechCrunchが昨年のCarepatronのプレシードについて報じた際、その焦点はソロプラクティショナーと小規模医療施設への提供にありました。現在、このヘルスケア管理システムは、5人から100人の開業医を含む医療施設と連携してスケールアップしています。このプラットフォームは現在、約50か国で利用されており、最近ではスペイン語版もリリースされました。こうした拡大を支えるため、CarepatronはBlackbirdとTQ Venturesから4,000万ドルのシード資金を調達しました。

このニュージーランドを拠点とするスタートアップは、製品のユーザーが月間21%増加し、何万人もの医療チームに成長していると述べています。主な市場は、Carepatronのクライアントの半数がいるアメリカとヨーロッパです。クライアントの多くは医師ですが、心理学者、理学療法士、ヘルスコーチ、ライフコーチ、栄養士など、さまざまなプロバイダーも含まれています。

Carepatronは2021年にDavid PeneとJamie Frewによって設立され、両者は医療業界との緊密な関係を持っています。Frewの家族は地域の病院を運営しており、Peneのパートナーは医師です。

Carepatronのプラットフォームには、予約、テレヘルス相談、患者記録、支払い、他のプロバイダーとの安全な環境でのコミュニケーションなど、プロバイダーが自身の診療所全体を管理するためのツールが備わっています。また、Carepatronを使用しているプロバイダーと対話したり、自分の健康記録を確認したりできる患者向けのアプリも提供しています。

Frewは、世界中の開業医が異なる方法で働いているものの、従来の医療ソフトウェアは通常、特定のバーティカルを対象にしていると説明しています(例えば、カリフォルニアの心理学者向け)。しかし、Carepatronの目標は、世界中のどのプロバイダーでも利用できるようにすることです。そのカスタマイズ性の一例として、患者・クライアントの記録のために異なるフィールド、ラベル、カテゴリを作成できる機能があります。このスタートアップの次のステップは、世界中の異なる種類のプロバイダーからデータを集約し、それを活用してカスタマイズされたワークスペースを彼らに提供することです。

Frew氏は次のように語っています。「フィリピン地方でヘルスコーチとして新しいビジネスを始めると考えてください。Carepatronに参加し、サインアップします。私たちはフィリピン地方のヘルスコーチがどのようなものか知っています。彼らが持つフィールドやワークスペースの構造を知っています。数個の質問に答えて、一つのワークスペースを作成できると想像してください。」

Carepatronは、ブロックスタイルのエディタ形式でメモを取る機能もリリースしており、プラクティショナーはビデオや処方箋など、メモに埋め込むことができます。また、自動化されたワークフローも備えています。例えば、クライアントがプラクティショナーのウェブサイトを訪れると、予約、リマインダー、請求書、支払いプロセスが自動生成され、管理作業が削減されます。

Peneによれば、Carepatronのユーザー獲得戦略の中心はプロダクトです。彼らの多くのユーザーは口コミを通じてCarepatronへと訪れます。成長の一部を占めるもう一つの要素は、ユーザーコミュニティの機能です。PeneとFrewは、これをSigma、Canva、Notionに類似していると述べています。プラクティショナーは、評価、フォーム、テンプレートなどのリソースやツールをプラットフォーム内に作成し、公開して他のプラクティショナーが利用することで、さらに関与度を高めることができます。

Peneによれば、Carepatronの新規クライアントの約70%は、ExcelやGoogle Sheetsなどのスプレッドシートソフトウェア、または単機能の製品の組み合わせからの切り替えです。たとえば、テレヘルスの通話にはZoomを使用し、オンラインスケジューリングにはカレンダーを使用し、メモやクライアントの記録にはGoogle Workspaceを使用するかもしれません。Carepatronの機能はこれらすべてを置き換えることができます。残りの30%は、PracticeやJane Appのような従来の診療所管理プラットフォームを使用していました。

Peneによれば、Carepatronの競争上の利点は、より手頃な価格と新たな医療施設の動きに合わせた機能です。「現代の医療専門家は、ビデオ通話などの最新技術を利用していますが、彼らのワークフローはそれに合わせていません。システムの構造は、現在のサービスと非常に摩擦が生じるように設計されており、[クライアント]がそのようなソリューションをハックしたり、回避策を用いたりすることになります。もしくはExcelを使い続け、手作業で情報を引き継いでいます。」

新たな資金は、Carepatronのユーザーコミュニティの拡大に使用されます。また、AIと自動化の能力を開発し、その計画をサポートするための追加スタッフの採用も行われます。

Frew氏は「Carepatronのビジョンは、医療専門家の行う作業をデジタル化するという時代から、彼らのシステムが医療専門家のために自動化するような時代に移行する、大幅にアクセス可能なプラットフォームを構築することです」と述べています。「医療の世界では長い間、現実世界で起こったことをデジタル形式に移しました。しかし、私たちは実際に価値を追加したり、日常的に行われている作業を根本的に再構築したりしていません。Carepatronのビジョンは、地域レベルでそうしたことを実現するためのプラクティショナーにとっての建設ブロックを作り出すことです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments