金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【未来のファッション革命!】Gozenが3.3億ドル調達、実験室で育つ革製品の量産化へ

【未来のファッション革命!】Gozenが3.3億ドル調達、実験室で育つ革製品の量産化へ

私たちが好きか嫌いかに関わらず、革産業は温室効果ガス(GHG)の排出と地球規模の廃棄物の発生に大きく貢献しています。革の需要増加を満たすために現在使用されている方法は、非常にシンプルで完全に持続不能な解決策です:単により多くの家畜を飼育するだけです(これらは世界の温室効果ガス排出量の約14%を占めています)。

しかし、現在は伝統的な革に匹敵するか、さらに優れた特性を持つバイオベースの代替品の開発を先導するスタートアップが存在します。

エストニアのGelatexはこれまでに130万ドルを調達しました。コペンハーゲンのBeyond Leatherは植物ベースの動物性革の環境に優しい代替品を生産しています。これまでに120万ユーロの資金を調達しています。

San Joseを拠点とするVitroLabsは5440万ドルを調達し、幹細胞技術を利用して革を製造するプラットフォームを開発しています。また、Modern Meadowは他の材料とともに培養肉の製造を進めており、これまでに183.6万ドルを調達しています。

このセクターには多くの関心が寄せられていることがわかります。

そして、トルコ発のスタートアップでありながら現在はサンフランシスコに拠点を移した会社が画期的な製品を提供していると考えています。

Gozenはハピネスキャピタル(主要投資家)をリードに、Accelr8、Astor Management、バレーベースのSOSVからの参加を得て、330万ドルのシード資金調達ラウンドを実施しました。同社は現在、トルコに生産能力100万平方フィートの施設を計画しています。

スタートアップのバイオ材料「Lunaform」は植物性でプラスチックフリーであり、発酵プロセス中に微生物によって生成されます。この材料はファッション業界や自動車業界で利用される予定であり、トルコでの技術特許を保有し、他の国で特許を申請しています。

この材料は先月のパリファッションウィークのBalenciaga Summer 24ショーで発表されました。Gozenによると、Lunaformは単一で完全な形状の素材であり、強度と柔軟性が向上しています。(層状に組み立てられた植物ベースのレザーは破損しやすくなります)。この材料は、カスタマイズ可能な厚さと質感を持つ13平方フィートのシートで生産することができます。

GOZENの創設者兼CEOであるEce Gozenは、電話で私に語った。「私は科学にすごく夢中になっていて、6年前に仕事を辞めてこれらの微生物の生息地を作るために取り組みました。私たちは発酵移植システムを使用して、わずか10日で材料を作り出します。その後、配合は固形に変わるため、私たちはそれを収穫します。これは微生物セルロース、異なるタイプのセルロースです。」

彼女は、得られた材料が「非常に強くて非常に薄い」と述べました。現在の材料の厚さは0.2mmであり、独自の質感があります。プラスチックや有害な化学物質は含まれていません。」

彼女は、スタートアップがファッションだけでなく自動車産業にも参入する予定だと付け加えました。

Gozenの最初の投資家であるSOSVのIndieBioのマネージングディレクターであるPo Bronsonは、次のような声明を発表しました。「動物由来のフリーレザー市場は今では競争が激化しています。しかし、私はGozenのアプローチがパフォーマンスと経済性の両面で他のすべてを上回ると信じています。」

どのような結果になるにせよ、この市場は成長しています。

世界のレザーグッズ市場規模は、2023年に4684.9億ドルから2030年には7386.1億ドルまで年平均成長率6.7%で拡大する見込みです。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments