木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ラテンアメリカ最新】Finerioが650万ドルを調達し、オープンファイナンスの未来へ突き進む!

【ラテンアメリカ最新】Finerioが650万ドルを調達し、オープンファイナンスの未来へ突き進む!

>Finerio Connectは、メキシコシティを拠点とするフィンテックスタートアップで、パーソナライズされた金融商品とサービスへのアクセスを提供するオープンファイナンスプラットフォームの開発を続けるために、650万ドルの新たな資金調達を行いました。

共同CEOのニック・グラッシとホセ・ルイス・ロペスは、2018年に会社を設立しました。彼らのビジョンは、ラテンアメリカ全域で金融データやデータ分析のコンプライアンスに則った共有と利用が可能となることです。

それまでグラッシはアメリカ人で、フルブライト奨学金を受けてメキシコに移住しました。その一環として、彼はDeloitte Consulting Mexicoで働き、ロペスと出会いました。

「これは2016年頃で、私たちは初期のフィンテックプラクティスを始めるという課題を与えられていました。その時点でこの業界自体もまだ始まったばかりでした」とグラッシはTechCrunchに語りました。「私たちは銀行、支払いプロセッサ、保険会社など、さまざまな企業に対して、フィンテックの波が彼らにとって何を意味するのかを理解するのを手助けしていました」。

グラッシとロペスは、個人の財務を管理できるMintのようなプラットフォームについて考えるようになりました。彼らは最終的に自社のオートマチックパーソナルファイナンスマネージャであるFinerio Connectを作成し、2018年のTechCrunch DisruptのStartup Battlefield Latin Americaで発表しました。

転換のタイミングを知る

発表後間もなく、フィネリオはその年の中で4番目にダウンロードされたフィンテックアプリだったとグラッシは述べています。メキシコでは1年後に約25万ユーザーを獲得しました。

その時期にメキシコのフィンテック法が発表されました。メキシコはラテンアメリカで最初の規制を行った国の一つです。メキシコ人が銀行を信頼していないことは広く知られており、ラテンアメリカの成人の約70%が現在未銀行化または充分なサービスを受けていません。新しい法律の中での重要な規定の一つは透明性に関するものでした。

グラッシはこの法律が過去5年間でほとんど進展していないと述べています。しかし、ブラジルとコロンビアでも同様にオープンバンキングの規制への動きの兆候が見え始め、同時に保険会社や外国の銀行、他のフィンテック企業からフィネリオに対する技術の提供の要求も増えていました。

「私たちにはニーズがあることが明らかになりました。そのため、2020年にB2B企業に転換することを決めました。銀行口座の連携、データの処理、解析を行い、ホワイトラベルで個人の財務体験を作り出すことができるようになるためです」とグラッシは述べています。

それ以来、そのことが会社の焦点となっています。金融データの集約とカテゴリ化だけでなく、規制に則ったその集約と配信を実施するために、規制当局や金融機関とも協力しています。

オープンバンキングの取り組み

現在、Finerioは120以上の金融機関とフィンテック企業と提携しています。昨年、同社はVisaとOzoneAPIとのAPIハブを立ち上げ、いくつかの国でパイロット運用を開始しました。このハブはデジタル支払い、クレジット、パーソナルファイナンス管理などの製品とサービスを提供します。また、金融機関が新しいオープンバンキングの規制に準拠する場所も提供します。

グラッシによれば、過去18ヶ月間でAPIの利用は700%増加しました。Finerioはまた、今後1年間でさらに40の金融機関にアプローチする予定です。顧客には最低利用料金と、顧客が消費するデータ量に応じた可変料金が請求されます。過去1年間で、Finerioの年間再発生収益は100万ドルを超えました。

新たに650万ドルの資金調達をリードしたのはThird Primeで、Visa、Bancolombia Ventures、Krealo、Credicorpのベンチャーキャピタル部門が戦略的な投資家として参加しました。Alaya Capital、Gaingels、Plug and Play、Winklevoss Capitalも、Guiabolso、Dock、ClassPassに所属する一群のエンジェル投資家とともに参加しています。以前、同社は約320万ドルのSAFEノートを調達していました。

“ラテンアメリカ全域でのオープンバンキングの取り組みを政府が支援することと、未銀行化の消費者の巨大な人口が、投資家に価値を創造する絶好の機会を生み出し、歴史的に劣勢な消費者の財務の福祉を意味あるものにする可能性があると考えています」とThird Primeのジェネラルパートナー、マイク・キム氏は書面で述べています。

一方、グラッシは既にCTOのホセ・サンタクルス・ロペス氏(以前はKushkiで同様の役職を務めていました)などの重要な採用に資金の一部を投入しています。同社はまた、さらに2つの国でAPIハブを拡大し、全体的な利用を増やす予定です。

「私たちは複数の銀行を同じ標準に合わせることを話し合っています。私たちはそれを『オープンバンキングのHTML』と呼んでいます」とグラッシは語ります。「それは非常に複雑な製品ですが、私たちは多くの関心を集め、いくつかのパイロット運用を行っています。私たちの目標は、それらをパイロットから顧客に変換するための時間をかけることです」。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments