金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【スポーツ界を一変させる!】Zelus Analyticsが急増する分析データを一元化

【スポーツ界を一変させる!】Zelus Analyticsが急増する分析データを一元化

もしスポーツに少しでも関心があれば、分析とデータの影響がスポーツの進め方を変えたことを知っているでしょう。チームがますます大きな分析部門を構築し、データがフィールド内外の意思決定に関連付けられるようになっていく中、チームはどうやって増え続けるデータ量に対処しているのでしょうか?

元野球アナリティクスの幹部によって設立されたZelus Analyticsは、さまざまなスポーツのチームが多様なデータを収集し、活用する手助けをしたいと考えています。

本日、同社は総額360万ドルの資金調達を発表しました。これには既存投資家であるRedBird Capitalからの資金と、Gametime Capital、Teamworthy Ventures、35V、そしてかつてのオークランドA’sの幹部であり、2003年のマイケル・ルイスの本「Moneyball」に登場したビリー・ビーンからの資金が参加しています。

Zelusは、さまざまなスポーツの分析グループと協力し、これらのチームが持つさまざまなデータソースに接続し、より良い意思決定を行うためのモデル構築を支援しています。それは選手獲得、フィールド上の意思決定、スポーツフランチャイズの構築と運営に関わるさまざまな要素を含めることが目標です。

同社の共同創業者兼CEOであるダグ・フィアリング氏は、スポーツの分析に関して豊富な経験を持っています。彼の経歴には、タンパベイ・レイズの野球研究開発部のシニアアドバイザーおよびロサンゼルス・ドジャースの研究開発部長を務めた経験が含まれています。これらのMLBチームはアナリティクスの活用で知られています。

「私たちはチームがデータを利用してより多くの試合に勝つ手助けをするのです」とフィアリング氏はTechCrunchに語りました。それには選手とチームの成績の予測および改善が含まれます。

「これは、歴史的な成績を文脈化し、未来の成績を予測し、選手獲得の戦略的意思決定に役立つモデルを構築することを通じて行われます。さらには、誰との対戦が最適かといった戦術的な試合中の意思決定にまで及ぶのです」と彼は語りました。

彼は自社がこの分野で他社と異なる点は、データの取得元にこだわらないことだと言います。すべてを一緒にまとめることができます。「私たちはスポーツ全体で設立された堅牢なデータエンジニアリングパイプラインを持っており、スポーツ全体で共通のインフラを活用することができます。これにより、日々のデータの取り込みと処理が可能になっています」と彼は述べています。

現時点では、同社は野球、バスケットボール、ホッケー、フットボール、クリケット、サッカーなど、6つの主要スポーツのチームと協力して収益を上げています。この資金調達により、彼らは大学スポーツ、eスポーツ、個々のアスリートに直接提供するなど、そのビジョンを拡大する方法について考え始める予定です。

「私たちの投資家からは、プロ側で開発したIPの価値が非常に高いとの一般的な感触があります。実際、私たちがこれらの他の領域でIPを収益化することについて、より速く進展することを望んでいるのです」と彼は述べました。

「私たちは、プロ製品への開発努力の大部分が比較的保守的でした。この資金調達は、これらの他の機会を探求するためのものなのです」と彼は語りました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments