日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【驚愕の資金調達ニュース!】ProcurifyがAIパワーの調達ツールに新たな投資

【驚愕の資金調達ニュース!】ProcurifyがAIパワーの調達ツールに新たな投資

約8年前、あまり知られていなかったスタートアップ企業Procurifyは、エンタープライズ調達に関する苦痛を和らげるツールを提供するプラットフォームについて、400万ドルの資金調達を行いました。具体的には、このクランチテックの記事です。

その後、Procurifyは着実に成長し、シリーズBで2,000万ドルを調達し、今回はシリーズCで総額5000万ドルの資金調達を終えました。資金調達はTen Coves Capitalをリードに、Export Development Canadaやカナダの輸出クレジット機関などが参加しました。

Procurifyは、カナダのバンクーバーに拠点を置いており、EDAからの投資があるのもそのためです。Procurifyの共同創設者は、Aman Mann(CEO)、Eugene Dong(CTO)、Kenneth Loi(前CCO)です。彼らは2011年に英コロンビア工科大学のビジネス管理プログラムで出会い、Dongの両親の地下室で会社のアイデアに取り組み始めました。

MannはTechCrunchとの電子メールインタビューで語った。「手頃な価格で使いやすい調達ソフトウェアの需要があることに気付きました。ほとんどの業界で、組織はリアルタイムの支出可視性とコントロールの不足に悩んでいます。」

Mannの指摘によると、最近のStatistaの調査によれば、ビジネス間の調達(つまり、サードパーティから商品やサービスを見つけて契約条件を満たし、購入する)に関与する何百もの企業が、コンプライアンスプロセスや複雑な承認プロセス、及びタイムリーな請求書の調整に苦戦していることが明らかにされました。

では、Procurifyはどのように助けてくれるのでしょうか?主に、さまざまな調達ステップを一元管理することで対応しています。

Procurifyは、調達、支払債務(サプライヤーに支払う金額)、およびデータ分析のモジュールを提供しています。このプラットフォームを使用することで、顧客は調達支出を再配分し、予測を調整し、”procure-to-pay”のワークフローにおけるボトルネックを特定し、サプライヤー分析を実行して将来の調達の意思決定の情報を提供できます。

Procurifyはまた、AIを活用し、発注書や請求書の異常を検出してレビューに通知する機能も提供しています。

Mann氏は、”今日のパンデミック後の経済では、業界は人員削減、サプライチェーンの混乱、運営コストの上昇に苦しんでいます。責任ある支出管理と明確な財務監視の必要性が以前よりも切迫しています”と述べました。

Procurifyは、既存の競合他社(Coupa、SAP Ariba)や調達管理機能を持つエンタープライズリソース管理ソフトウェア(NetSuite)、さらには新興の企業(Precoro、Zip)と、61億ドル超の調達ソフトウェア市場で競合しています。

このスタートアップ企業は、700を超える顧客ベースを持ち、販売額は前年比100%増加しており、新たなAIの機能を市場に投入するために大規模な投資を計画しています。

「Procurifyは、顧客の調達から支払いワークフローまでの支出データを一元管理し、コミットメントされる前に支出の完全なプロセスを提供することで、組織がより多くの支出を管理できるよう支援します。この包括的な支出データの力を活用し、AIモデルと統合することで、企業はプロセスの最適化の機会を見つけ、リスクを管理し、コストの効率化を実現できるでしょう」とMann氏は述べています。

Procurifyは、現在約170人の従業員を擁しており、これまでに合計7000万ドルのベンチャーキャピタルを調達しています。シリーズCの収益は、AIの研究開発に加えて、一般的な拡大や新しい決済機能の導入に充てられる予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments