日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【世界的なクロスボーダーの新たな未来!】Nova Creditが4.5億ドルの資金調達を達成

【世界的なクロスボーダーの新たな未来!】Nova Creditが4.5億ドルの資金調達を達成

>ある国から別の国に移ることは、様々な面で困難ですが、その中でも経済的にゼロから始めることが最も難しいでしょう。

Nova Creditは、約7年前にスタンフォード大学の卒業研究プロジェクトとして始まり、アメリカのクレジット履歴のない移民がアパートやローンなどの申請において直面する障害を克服するために設立されました。

Nova CreditのCEO兼創設者であるミーシャ・エシポフ氏は、「任意の大学の大学院生の半分が国際学生であることに気づきました。そして、彼らに金融サービスに関する経験を尋ねると、同じような話をよく聞くことができます。『クレジットを得ることができない、クレジットカードを持つことができない、アパートや携帯電話の契約にはクラスメートに連帯保証人を頼まなければならない』」と述べています。

NovaはCredit Passportという製品を通じて、世界中の信用情報機関データに接続しています。NovaはAmerican Expressとパートナーシップを結び、その後もHSBC、スコシアバンク、Verizon、イアニストなど数十社のパートナーを追加してきました。(これらの機関のアプリケーションにはNova Creditが埋め込まれています)。

それはアメリカ国外においても20か国で機能します。たとえば、アメリカからロンドンやシンガポールに移る場合、Novaを通じてそれらの市場で国際的な銀行取引製品を承認されることができます。

最近では、このスタートアップはその主力製品であるCredit Passportに加え、移民に限らず、銀行口座へのアクセスを提供することで代替データを利用できるようにもなりました。その製品はCash Atlasと呼ばれ、アメリカの銀行口座を持つ人々に対して、家賃の支払い履歴や給与のダイレクトデポジットなどの情報を利用してクレジット申請をサポートするキャッシュフローアンダーライティング製品です。エシポフ氏は、「アメリカの金融システムから事実上締め出されている数千万人の人々」を対象にしていると述べています。

私たちは単一の製品会社から、複数の製品を提供する会社およびプラットフォームに進化することを始めました…私たちの戦略は、この国に新しく来るだけでなく、正直なところ、どの顧客セグメントにも対応し、伝統的なクレジットレポート業界のギャップを埋めるデータ分析会社に進化することです」とエシポフ氏はTechCrunchのインタビューで語りました。

本日、NovaはシリーズCの資金調達で4500万ドルを調達したことを発表し、この資金を新商品の拡大および地理的な拡大に使う予定だとエシポフ氏はTechCrunchに独占的に語りました。「数週間」という時間の中でこのラウンドが実現しました」と彼は述べています。

Canapi Venturesが主導し、既存の出資者であるKleiner Perkins、General Catalyst、Index Ventures、Y Combinator、そしてAvid Ventures、Geodesic Capital、Harmonic Capital、Radiate Capital、Socium Ventures(Cox Enterprises)などの新規投資家も参加した。

この資金調達は、2020年2月以来の初の外部資金調達であり、2020年と2021年に大きな資金調達ブームが起きたフィンテック業界においては異例です。当時、Novaは初回クローズ後のバリュエーションが2億9500万ドルだったと報じられる資金調達で5000万ドルを調達しました。

エシポフ氏は現在のNovaのバリュエーションについては開示せず、「会社はそこに満足している」とのみ述べました。また、具体的な収益の数字については開示しませんでしたが、2020年の資金調達以来、収益は10倍に成長し、データ取引量も2023年の初めから3倍以上に増加していると述べました。

Novaは現在約100人の従業員を抱えており、新資金を活用して更なる採用も計画しています。また、Credit Passportビジネスをグローバル展開し、すでにカナダ、英国、アラブ首長国連邦、シンガポールなどの市場で展開しています。同社は、Cash Atlas製品への投資や新商品の開発も計画しています。

現時点では、Novaの主力製品であるPassportが企業の収益の大部分を占めていますが、アトラスは「現時点で割合的にもより速い成長を遂げています」とエシポフ氏は述べました。彼は、同社が設立当初から情報セキュリティとコンプライアンスに「重点的に」投資してきたと語りました。

同氏は会社が比較的近い将来、おそらく来年にも黒字に達すると予測しています。彼は「無駄な希釈を避けるため」に、前回のラウンドと比べても少ない資金調達を行うことを選択したとも述べました。

Canapi Venturesのジェフリー・ライトマン氏は、TechCrunchに対して、新参者や貸し倒れ履歴がない消費者に公正な金融商品へのアクセスを提供するというNovaの使命に惹かれたと語りました。CanapiはシリーズBラウンドで同社への最初の投資を行い、その後の同社の「爆発的な成長」に感銘を受けています。

多くの銀行パートナーが、顧客に対してNova Creditの商品を活用するための活発な対話を行っており、それはCanapiのミッションともうまく一致しています」と彼は語りました。

ライト

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments