木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【話題沸騰!】巨大肉ボールから虎ステーキ、シマウマチョップまで!フードテック最新情報一挙紹介!

【話題沸騰!】巨大肉ボールから虎ステーキ、シマウマチョップまで!フードテック最新情報一挙紹介!

> 食べ物に冒険心があり、または食品テック業界の動向を追いたい場合は、TechCrunchのストーリーやカバーできなかった注目のニュースをまとめたものがあります。

数週間前に、私はVoxの興味深い記事に出くわしました。それは栽培肉技術を利用してより珍しい肉を作り出すことの利点と、それが動物界にとってどのような意味を持つかについて論じられていました。

そして、今年初めにヘッドラインを飾ったVowのおかげで、私たちは恐らくそれを責める必要があります。彼らはウールリーマンモスのミートボールを作ったことで注目を浴びました。

それに関連して、NewScientistは今週、記事を出しました。その記事では、栽培チキンや牛肉が主流になれば、企業は珍しい動物や絶滅した動物から作られた肉などのトリックに頼る必要がなくなる、と強調しています。

政府が栽培肉を認めるようになり、レストランも積極的に取り組んでいる今、その時が来たかもしれません。栽培肉企業はただあの面倒なスケーリングの課題を解決する必要があります。

たぶん、動物自体が私たちにインスピレーションを与えるかもしれません。BioCraft Pet Nutritionはペットフード用の栽培鶏のラインを製造しています。同社は今週、技術をより速く、安価に開発するために人工知能に参入することを発表しました。

TechCrunch掲載の内容

私の同僚Natasha Lomasは今週、いくつかの記事を執筆しました。最初の記事は、フランスの精密発酵スタートアップであるBon Vivantについてです。同社は新たに€15百万(約$15.9百万)の資金調達を発表し、動物由来の乳タンパク質を製造するためのバイオテクニック技術の開発を続けます。そのビジョンは、従来の乳製品に比べて環境への負荷を大幅に低減させることです。

また、Natashaはスペインに拠点を置くHeuraについても取り上げました。同社は100%植物由来の「ハム」のスライスを作っています。この製品は近日中にスペインとフランスの店頭に並ぶ予定です。ハムの味が似ているかどうか疑問に思うかもしれませんが、伝統的な冷製肉に非常に近い見た目をしていることは認めなければなりません。

その一方で、私はWanda Fish Technologiesについての記事を書きました。これは栽培ブル

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments