月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【食の未来を切り拓く革命】ランチ・ベルリンが創り出す究極の料理体験

【食の未来を切り拓く革命】ランチ・ベルリンが創り出す究極の料理体験

最近、ソーシャルメディアやEコマースプラットフォームの成長を牽引してきたのは、食品とインフルエンサーという二つの要素です。そのため、スタートアップ企業がこれら二つの要素を組み合わせる方法を模索しているのは驚くべきことではありません。最新の動きとして、ベルリンのスタートアップ企業であるLanchが、インフルエンサーやクリエイターと提携して臨時のフードデリバリーブランドを立ち上げる取り組みに6.9ミリオンドル(約6.5ミリオンユーロ)の資金を調達しました。

Lanchのインフルエンサーと提携したフードブランドは「バーチャルキッチン」を活用して調理されています。具体的には、既存のレストランやその他の小売キッチンのスペースを利用しており、ゴーストキッチンではないとLanchは説明しています。Lanchは、最初の試みとして、ドイツのYouTuberであるKnossiとTrymacsと提携して作られたピザブランド「Happy Slice」がローンチ週末に3万枚以上のピザを販売し、投資家の注目を浴びました。現在はドイツの音楽家Lucianoと提携し、「Loco Chicken」というブランドの立ち上げに向けて準備を進めています。これは狂った時代ですね。

シリーズAラウンドの調達は、Felix CapitalとHV Capitalが主導し、多数の個人投資家も参加しています。評価額は公表されていません。

このコンセプトは少し宣伝的なように見えるかもしれません。食品以外で知られる人物と食品ブランドを結びつけるというアイデアは、必ずしも成功のための鉄則ではありません。

また、アメリカでは他のスタートアップ企業も同様のコンセプトを試していますが、その実行方法は多くの人々の感じによると非常に不快なものとなっています。

2018年に設立されて以来、20ミリオンドル以上の資金を調達しているVirtual Dining Concepts(VDC)は、有名人たちと提携しています。その中でも最大の提携相手であるMrBeastは、彼のファンが「不味い」とクレームをつけ、VDCがその後の苦情に対応しなかったため、現在訴訟に巻き込まれています。VDCは1億ドルの損害賠償を求めて反訴しています。(それにもかかわらず、このブランドはまだ運営されているようです。イギリスではウェブサイトが稼働しています。)

LanchとVDCには確かにいくつかの類似点があります。両社はインフルエンサーとのパートナーシップに基づいてフードデリバリーブランドを構築しています。これらのブランドは、「ゴーストキッチン」ではないが、他のレストランやフードサービスに関連するキッチンの利用可能スペースにマッチングされ、そこでLanchが提供する食材を使って料理が行われます。

両社ともに配信はアウトソースしており、ブランドはフードデリバリープラットフォーム(ヨーロッパではDelivery Hero、Just Eat、Deliverooなど)を通じて顧客に提供されます。

しかし、Lanchの共同創設者であるノノ・コノプカは、Lanchが米国の同様の企業と比べてよりテック志向のアプローチを持っていると信じており、そのビジネスモデルには必要不可欠なデータが含まれていると述べています。

彼はインタビューの中でこう語っています。「私達は早い段階からテクノロジーに注力しました。クオリティコントロールソフトウェアを開発し、定性的・定量的データを計測しています。」

彼はさらに、これによってクリエイターにより多くの洞察を与え、オーディエンスとつながりを持ちながら、彼らが好みや要望を理解することができると述べています。彼らにとって、データは今後の活動においてさらなるスポンサーシップや収益を生み出すための重要な資産です。

Lanchはまた、データを提携するレストラン側にも提供しています。レストランが重要視することの一つは、来客数を確保し、スタッフとリソースの効率的な利用、無駄の回避です。Lanchの提案は、レストランがキッチンをより効率的に活用するのに役立ち、需要の把握についてもより即座の顧客データを提供することです。何か問題があれば、それに対応するアラートも送られます。

こうした取り組みによって、MrBeastのようなスキャンダルを回避することを期待しています。

Lanchは「Happy Slice」のローンチ時に70のレストランを提携させ、今後の「Loco Chicken」では100のレストランに拡大する予定です。来年には500以上の場所に展開し、デリバリーにとどまらず、物理的なダイニングや他のフード関連商品・体験にも拡大する予定です。

レストランは売り上げの1/3を受け取り、残りはインフルエンサー、デリバリープラットフォーム、Lanch自体と分配されます。Lanchは、約4ヶ月間稼働している最初のブランドで既に7回の支払いを行ったと述べています。

「ブランドの力」は、フェリックスの創設者であるフレデリック・コートさんの信念であり、Lanchのコミュニティに基づくユニークで革新的なビジネスモデルに感銘を受けています。

現在、Lanchはオーストリアでの展開を進めており、イギリス、スペイン、オランダ、フランスにも進出予定です。各市場では3〜4人のクリエイターと提携する予定であり、より扱いやすい数にするとコノプカは述べました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments