金曜日, 6月 21, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【ソニーがアフリカのエンターテイメントスタートアップへの$10M投資を予約】未来の大ヒットコンテンツを生み出す企業にチャンス!

【ソニーがアフリカのエンターテイメントスタートアップへの$10M投資を予約】未来の大ヒットコンテンツを生み出す企業にチャンス!

ソニーグループは、今日、アフリカでエンターテイメントビジネスの成長を支援するプログラム「ソニー・イノベーション・ファンド:アフリカ(SIF:AF)」を設立したことを発表しました。東京の多国籍企業であるソニー・ベンチャーズ・コーポレーション(SVC)を通じて、ゲーム、音楽、映画、コンテンツ配信のエンターテイメント関連の早期スタートアップに1,000万ドルを提供するための資金を計上しています。

ソニーベンチャーズは、技術企業を市場と段階を問わずサポートするための施策として、アフリカのエンターテイメントスタートアップに焦点を当てたこのファンドを立ち上げました。昨年、SVCは新興テクノロジー企業のすべての段階をバックするために、2億1500万ドルの資金を調達するために、ソニーイノベーションファンド3の初めてのクロージングを完了しました。この子会社は、SIF3、ソニーイノベーションファンド(SIF)によるすべてのソニーのベンチャー投資活動を管理しています。さらに、ソニイノベーションファンド:IGV(大和キャピタルホールディングスとの合弁事業)およびソニーイノベーションファンド:エンビーロンメントも管理しています。

日本のテクノロジー巨人であるソニーのベンチャー部門は、これらすべてのファンドからエンターテイメント、ロボティクス、AI、モビリティ、フィンテック、ヘルスケア、ロジスティクス、SaaSのさまざまなセクターで、消費者および企業向けのビジネスに100以上の投資を行っています。

アフリカでは、昨年、ベンチャーキャピタルが投資する部門のうち、フィンテックが最も資金援助を受けており、大陸へのベンチャーキャピタルのほぼ半分を集めています。ロジスティクス、ヘルスケア、モビリティなどの他のセクターも、アフリカのテックに関心のある地元およびグローバルな投資家にとって重要ですが、しばしば見過ごされがちなエンターテイメントが、ソニーベンチャーズがアフリカ進出の最初のフィールドとして選択した領域です。

ソニーベンチャーズのCEOである土川元氏は、日本の巨大企業が2016年にソニーイノベーションファンドを設立してさまざまなビジネス分野でのベンチャーに投資することを明らかにしています。土川氏によれば、ソニーはクリエイティブなエンターテイメント企業であり、その使命は創造とテクノロジーの力を通じて世界に感情を満たすことだということです。

彼はさらに、「エンターテイメント分野は、ソニイノベーションファンドの始まり以来、重点分野であり続け、今後もそうであり続けます。特にアフリカには、観客のエンターテイメント体験を向上させるための新しい方法を発明しようとするクリエイターや起業家の活気あるコミュニティがあり、それがソニーがSIF:AFを設立する原動力となった」と述べました。

ソニーのアフリカに焦点を当てたファンドは、アフリカのエンターテイメントテックスタートアップにとって大いに必要な支援となります。これらのスタートアップは、近年一貫したベンチャーキャピタルの支援を受けることができませんでした。2022年に発表されたPartech Africaによると、昨年、これらのスタートアップは4200万ドルの資金を調達し、アフリカ全体のベンチャーキャピタル投資全体の0.9%を占めています。ゲーム、音楽、映画、コンテンツ配信は、ソニーが特に注目している業界内の重要分野です。

<span

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments