木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【未来の移動手段が飛翔】Regentが6億ドルを調達、電動シーグライダースタートアップ始動!

【未来の移動手段が飛翔】Regentが6億ドルを調達、電動シーグライダースタートアップ始動!

電気航空の約束は、電池の限定的な航続距離と長い認証プロセスによって阻まれてきました。Aurora Flight Sciencesで以前働いていたRegentの共同創業者兼CEOであるビリー・ターハイマーは、これらの2つの課題に対する答えとして、海事、より具体的には電動シーグライダーを探しました。

「50から数百マイルの範囲で、すべて電気で持続可能なものをどうやって行うことができるのか?そして、認証の面はどうするのか?」 ターハイマーはTechCrunchの最近のインタビューで語りました。彼によれば、その答えはハイドロフォイリング船舶と電気航空を組み合わせることです。これらの電動シーグライダーは、ドックや港で船舶のように運用され、波に対応できるハイドロフォイルから離陸し、開放的な水上で水面から1つの翼長以内で飛行します。

重要なのは、シーグライダーはマリタイムの管轄下にあるWIG(ウイングイングランド効果船舶)と呼ばれる車両の一種です。ターハイマーによれば、数年かかる海事法による認証は、安全基準を下げるわけではなく、単により簡易的な規制プロセスを提供するだけです。

シーグライダーは、水上交通においてドックからドックまでの運輸を行い、常に水面の翼長内で飛行します。そして、これらの船舶は地面効果内で飛行するため、空気クッションにより空力効率と航続距離が向上します。Regentによれば、クルーズスピードは最大180 mphで、単一充電で最大180マイルの距離を移動することができます。ターハイマーによれば、技術の進歩に伴い、2020年代末までに350から500マイルの電池航続距離が実現可能です。

投資家たちはこのアイデアに興味を持ちました。本社をロードアイランド州に置くこのスタートアップは、UPサミットで発表したところによると、8090 IndustriesとFounders Fundが共同リードするシリーズAラウンドで6000万ドルを調達しました。Point72、Caffeinated Capital、マーク・キューバン、UAEの戦略開発基金、Future Planet Capitalなどが参加し、日本航空イノベーションファンド、ヤマトホールディングス(日本最大の物流会社)、ロッキード・マーティンなどから戦略的投資も受けています。同社は現在までに9000万ドルを調達しています。

調達資金は、コンセプト実証プロトタイプの構築とテスト、そして2024年にチームを55人から約100人に拡大するために使用される予定です。同社は来年の夏から試験を開始し、2024年末までに最初の人間の飛行を行う予定です。同社には以下の2つの製品があります。12人乗りのViceroyは、2020年代中ごろに就航する予定であり、100人乗りのモナークはシーグライダーです。

Regentはまた、日本航空との覚書に署名したと述べており、これは同航行体への投資を拡大する合意です。目的は、日本でのシーグライダー運航の確立に向けて協力することです。

しかし、日本だけが潜在的な市場ではありません。ターハイマー氏によれば、マイアミ周辺、バハマ、太平洋北西部、ハワイなど、地中海、英仏海峡、北海周辺の国際市場も妥当な選択肢となります。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments