月曜日, 4月 15, 2024
ホームスタートアップ【究極のハイテク小型コンピュータ!】Raspberry Pi 5登場で驚愕の進化を遂げる!

【究極のハイテク小型コンピュータ!】Raspberry Pi 5登場で驚愕の進化を遂げる!

>4年後、Raspberry Pi 4のリリースから、Raspberry Piチームが新しい小さながらもパワフルなコンピュータ、Raspberry Pi 5を発表しました。これは、アップデートされたコンポーネントと仕様の向上を特徴としており、カスタムシリコンも搭載しています。

ただ、まずはRaspberry Piの元々のコンセプトがお馴染みでないかもしれませんね。2012年以来、Raspberry Pi Foundationとその商業部門は、カードデッキの大きさ程度の安価なシングルボードコンピュータを設計・販売しています。

これはArmシステムオンチップをベースにしており、USBポート、HDMI出力、ネットワーキング用のEthernetポートなど、フルサイズのコンピュータに期待されるすべての機能を備えています。さらに、Wi-FiとBluetoothのサポートも追加されました。

テック愛好家たちは、これらの小さなコンピュータを使ってメディアサーバーやレトロゲーム機、インタラクティブダッシュボード、ロボティクスプロジェクトなどを作り始めました。Raspberry Piは、コーディングとネットワーキングの入門に最適な方法です。

この初期の興奮の波の直後に、企業もRaspberry Piを産業用コントローラーやオフィスでのシンクライアントとして使用し始めました。供給チェーンの問題やスカルパー、単純に成功しすぎたことなどの理由で、不足につながることさえありました。

さて、新デバイスの仕様について詳しく見てみましょう。Raspberry Pi 5は、64ビットクアッドコアArm Cortex-A76プロセッサを搭載しており、クロックは2.4GHz(512KBのL2キャッシュをコアごとに、そして2MBのL3キャッシュを共有)となっています。

Raspberry Pi 4と同様、Wi-Fi 5(802.11ac)、Bluetooth 5.0、Bluetooth Low Energy、Gigabit Ethernetをサポートしています。また、2つのマイクロHDMIポートも搭載されており、1台のRaspberry Piで60HzのリフレッシュレートとHDRサポートに対応する4Kディスプレイを2台接続することが可能です。

USBポートに関しては、Raspberry Pi 5もお馴染みの仕様となっています。フルサイズのUSB 3.0ポートが2つあり、同時に5Gbpsの転送速度を実現することができます。また、フルサイズのUSB 2.0ポートも2つあります。電源ポートとしてはUSB-Cポートが搭載されています。

また、今回初めてPCI Express周辺機器の追加が容易になりました。Raspberry Piチームが新たにシングルレーンのPCIe 2.0インタフェースを公開しており、このインタフェースを利用するためにはHAT拡張基板(Hardware Attached on Top)またはアダプタが必要です。同様に、電力供給オーバーエサネットも別のHATを介してサポートされています。

通常の40ピンヘッダーやMIPIカメラ/ディスプレイポート(レーン数が2×2から2×4にアップグレードされました)も装備されています。また、microSDカードスロットの性能も2倍に向上しました。

価格に関しては、Raspberry Pi 5は4GB RAM搭載版が60ドル、8GB RAM搭載版が80ドルの2つのバリアントのみで提供されます。

初期価格はかなり高くなっていますが、Raspberry Pi 4は現在1GB、2GB、4GB、8GB RAM搭載版が販売中であり、これまでのラインナップも継続します。同じRAM容量のモデルを比較すると、Raspberry Piは5ドル値上げしています。

メインのシステムオンチップは引き続きBroadcomが設計していますが、Raspberry Pi 5は初のフルサイズのRaspberry Piでカスタムシリコン「RP1」を採用しています。

「これは南ブリッジチップであり、入出力機能を担当し、従来はメインのシステムオンチップが処理していたいくつかの機能を置き換えています。以前のRaspberry Piモデルでは、サードパーティ企業のI/Oコントローラーを使用していました」と、Raspberry PiのCEOであるEben Upton氏がメールで語っています。

Raspberry Piは、独自のマイクロコントローラーチップも設計しており(Raspberry Pi Pico用)、IoTデバイス、ライトディスプレイ、製造プロセスなどに使用される汎用マイクロコントローラーボードです。

Raspberry Pi 5の登場は、Raspberry Piチームがさらに自社製品の制御を進めたいという意思の表れです。このようなプロジェクトは、単位経済の観点から妥当性が認められるスケールに達しています。

2021年には、Raspberry Piの商業部門が4500万ドルを調達し、供給チェーンの整備や新製品の開発に投資しました。しかし、Raspberry Piは独自の位置づけから長年にわたって需要が高まってきました。

例えば、Raspberry Pi 5は2035年まで生産され続ける予定です。「Raspberry Piの価値提案は、明日にでも10万台購入できることです」とUpton氏はTechCrunchのNatasha Lomasに供給チェーンの制約についてのインタビューで語っています。

Raspberry Pi 5は、既存のラインナップの一部として追加される新しいデバイスです。Raspberry Pi 4は今後も製造が続けられ、一定期間は販売され続けます。Raspberry Pi 5のユニットは10月末までに購入可能となります。

「量産は常に挑戦的ですが、数百万単位のチップセットの注文をいくつか抱えており、クリスマス前にはRaspberry Pi 5のほぼ100万台の製造を行い、Raspberry Pi 4および以前の製品の現行レベルの生産を維持できると予想しています」とUpton氏は語っています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments