月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【衝撃の報告書!】VCバックアップを受けた英国スタートアップのほとんどが気候排出物に何もしていないと判明

【衝撃の報告書!】VCバックアップを受けた英国スタートアップのほとんどが気候排出物に何もしていないと判明

英国のベンチャーキャピタル(VC)投資を受けたトップ500の企業のうち、約76%が自社の炭素排出量を計測または補完するための何も行っていないことが、TechCrunchに独占提供された新しい調査によって明らかになりました。これらの企業は合計で400億ドルのVC資金を調達しています。さらに、調査対象のVC投資家においても、最高得点は100点中37点であり、最低は3点でした。

クライメート対策では、フィンテック企業が最も積極的でした。Monzo(12億ドル調達)、Oaknorth Bank(8.61億ドル調達)、Tide(2.94億ドル調達)がその一例です。これに続いて、AI開発企業であるFaculty(5200万ドル調達)および保険テック企業Yulife(2.07億ドル調達)が挙げられます。一方、500位以内の上位100社の中で最も性能の低かった企業は、Doccla(23ドル調達)、Multiverse(4.14億ドル調達)、Cera(3.03億ドル調達)、Motorway(2.72億ドル調達)でした。

Latitude、Molten Ventures、テンセントなどの投資家は、平均的なクライメートスコアが高かった一方で、Samos AccelとPassion Capitalは最低のスコアを示しました。

VCリーダーボードは、ポートフォリオのクライメート対策に基づいて企業をランク付けしました。各VCの平均クライメートスコアは、トップ500の投資先すべてのクライメートスコアの合計を投資先企業の数で割った値で計算されました。

Notion Capital(11位)、GV、Index Ventures(13位)、Balderton Capital(18位)、Seedcamp(27位)など、イギリスのVCでは一定の知名度を持つ企業がトップ10圏外にランクされました。

Supercriticalというクライメート計測および補完スタートアップが公開したこのレポートでは、排出量計測、二酸化炭素削減、オフセット購入、クライメート担当者の雇用など、さまざまな対策について分析されました。Supercriticalは、主にテック企業を対象としたサービスを提供しています。

調査対象は、本社がイギリスにあり資金調達額が2000万ドル以上、従業員数が30人以上のVC投資を受けた企業500社でした。

業種別の平均的なクライメートスコアでは、Edtech企業が最も高く、それに続いてクライメートテック、食品、輸送、不動産がランクインしました。

また、サービスの利用データを使用した指標によれば、クライメート意識を持つことの費用は平均年間61,635ポンドであり、従業員1人当たりの負担はわずか4.98ポンドとなりました。

オックスフォード大学のスティーブ・スミス博士(ネットゼロトラッカーの共同リードおよびオックスフォードネットゼロアラインドカーボンオフセット原則の共著者)は、次のように述べています。「気候変動の終結は、すべての人の関心事であるべきです。世界中の企業はこれに気づき、大手上場企業の3分の1がすでにネットゼロ排出に取り組むことを誓っています。気候目標を持たない企業の言い訳はますます困難になり、企業が自らの炭素足跡を計測することは容易になっています。

指標によれば、上位100社のうち52社は、2016年以降に設立された会社であり、若い企業の方が既存企業よりも早く炭素排出量を計測する傾向にあることを示しています。

Supercriticalの共同創業者ミシェル・ユー氏は次のように述べています。「私たちの調査では、排出量の計測と高品質オフセットの補完には、平均して従業員1人当たり週にわずか5ポンド(約740円)が必要です…私たちのコミュニティは行動を起こし、世界に気候リーダーシップの姿を示す責任があると考えています。私たちは問題を解決し、イノベーションを起こし、迅速に行動し、データに基づいて考え、ファーストプリンシプルに基づいています。そして、今日の気候危機に比べれば、もっと大きなチャレンジはありません」。

以下はSupercriticalのClimate 100 reportによると、イギリスのテック企業をクライメート効果の高い順にランク付けされた1位から100位の企業です。企業の順位は、炭素排出量の計測、削減計画や取り組み、オフセットの購入、従来のオフセットの購入、気候目標の設定、進展の報告、ビジネスにおける気候担当者の有無などを総合して判断しています。

Monzo Bank
OakNorth Bank
Tide
Faculty
Yulife
Immersive Labs
what3words
Infogrid
Origami Energy
Ometria
Perlego
Allplants
Bumper
Satellite Vu
Gravitiq
Pupil
Impala
Urban Jungle
Habito
Pangaia
GoCardless
Onfido
TVS Supply Chain Solutions
Zego
Soldo
Moneybox
MoneyFarm
Sylvera
BCB Group
Wildanet
Winnow
Connexin
Culture Trip
Notpla
Rovco
Daye
Oddbox
Altruistiq
Revolut
Gousto
Ogury
Anyvan
Fnatic
OLIO
Yapily
Element
Tymit
Lifebit
The Modern Milkman
Dronamics
The Bike Club
XMOS
Skyrora
Accurx
RedSift
Ledgy
Thirdfort
Landbay
Zumo
Everledger
Nothing
Ieso Digital Health
Butternut Box
Wirex
Perkbox
Wagestream (formerly Earnd)
Zeelo
HelloSelf
PhoreMost
Zen Educate
Beamery
ConnexOne
Oxbotica
Carwow
Payhawk
Huma
Bit bio
Birdie
SenSat
Raylo
Induction Healthcare Group PLC
causaLens
Hoxton Farms
VFC Foods
Previse
Project Etopia
Bondaval
Garrison Technology
Sourceful
Divido
Prolific
Superscript
Doccla
Multiverse
Cera
Motorway

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments