木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【AIチップ市場に革命!】Kneronが4.9億ドル調達、商業展開を拡大

【AIチップ市場に革命!】Kneronが4.9億ドル調達、商業展開を拡大

>Kneronは、自動運転車などの自律型機器にAIチップを供給している企業で、今日、Foxconn、Alltek、Horizon Ventures、Liteon Technology Corp、Adata、およびPalpilotを含む投資家からシリーズBラウンドの資金調達として4,900万ドルを調達したことを発表しました。

KneronのCEOであるアルバート・リュウによると、今回の資金調達により、Kneronの総資金調達額は1億9000万ドルとなり、自動車産業におけるKneronのマーケットエントリーの支援や、R&D部門を中心としたチームの拡大に充てられるとのことです。

“自動車市場におけるチップの需要は強力であり、生成アプリケーションにおけるAIの急速な成長によりAIチップへの需要が高まっています。Kneronはこれらの分野で独自の優位性を持つ戦略的なポジションにいます。”とリュウはTechCrunchのインタビューで語りました。

AIの需要が爆発するにつれて、AIのワークロードを実行するためのチップの需要も高まっています。ガートナーによると、これは半導体産業にとって534億ドルの収益機会となり、2022年から20.9%増加する見込みです。

そしてもちろん、この機会に投資家たちも注目しています。PitchBookのデータによると、2017年から2022年までの間にチップスタートアップに対するVC資金は2倍に増えました。

これは明らかにKneronなどの企業にとっても利益となっています。

Kneronは2015年にリュウとフランク・チャンによって共同設立されました。会社設立前、リュウはQualcommとSamsungでR&Dおよびマネジメントの職に従事していました。チャンはRockwellでアシスタントディレクターを務め、後に非営利の国立工学アカデミーに選出されました。

Kneronは、AIアプリケーション向けのハードウェアを開発することを目指しており、特に特定の用途にカスタマイズされたASIC(Application-Specific Integrated Circuits)や既存システムとの連携が可能な低消費電力の再構成可能なAIチップを提供しています。これらのチップは、自動運転車のセンサーなど既存システムとの連携が可能であり、顔や体の検出モデルからテキスト生成モデルまでのさまざまなアルゴリズムを実行することができます。

Kneronは、NeuReality(類似のAI推論加速器技術を開発している)やHailo、Mythic、Flex Logixなどの競合他社がいます。また、GoogleはAI推論の支配を目指し、テンサープロセッシングユニットを活用しています。さらに、AmazonはInferentia(AWSのカスタム推論チップ)に賭けています。そしてもちろん、NVIDIAのGPUハードウェアもあります。

しかし、Kneronは自らにとって順調な結果を出しています。リュウによると、収益は「二桁百万ドル」のオーダーであり、Garmin、Naver、Quantaなどを含む約30のブランドに顧客基盤を持っています。Kneronは4月に買収した画像技術プロバイダーのOtusを通じてJVCケンウッドなどと提携しています。

リュウは「短期的には、既存の主要プレイヤーとの競争を避けるような、自動車などの戦略的な方向に焦点を当てる予定です。将来的には、サードパーティベンダーとの提携を通じて既存企業に対してより大きな挑戦を行うかもしれません。少なくとも、それが私たちの計画です。」と述べています。

Kneronは、この産業で重要なプレイヤーになる準備ができています。”とリュウは語りました。“Kneronの軽量な再構成可能なソリューションにより、AIの利用ケースが直面する3つの主要な問題、すなわち遅延、セキュリティ、コストを解決し、AIをあらゆる場所で可能にします。”

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments