木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【建設業界の戦場を制する革命】MakersHubの債務管理システムがアカウントペイアブルデータで大躍進!

【建設業界の戦場を制する革命】MakersHubの債務管理システムがアカウントペイアブルデータで大躍進!

>MakersHubは建築、産業、製造業の企業が手作業での請求書のデータ入力をなくすことを可能にする会社です。そのMakersHub Pay製品は、TechCrunch DisruptのStartup Battlefieldで発表されました。

このような企業は、請求書に何十行もの項目があることがよくあります。それぞれを正確に捉え、適切にコード化することは、作業費用の計算や将来の仕事の費用見積もりにとって重要です。

MakersHubの共同創業者兼CEOであるPhong Ngo氏は、ナノテクノロジー機器のサプライヤーであるGeneral Plasma社の社長だった時にこの問題に直面しました。彼はCFOや会計マネージャー、さらには第三者の会計支援を持っていたにもかかわらず、帳簿は正確かつ完全ではなかったと述べています。

たとえば、請求書や領収書が正しく入力やコード化されなかったり、データが欠落していたりしました。その結果、キャッシュフローの予測や作業費用の報告書を複数のスプレッドシートから集めるのに数日かかり、事業の状況全体が把握できなかったのです。

「私は大量生産の施設オートメーションシステムを航空宇宙や自動車用半導体に提供する機器製造会社で電気工学を始めました。私たちがいつも直面していた問題の一つは、ベンダー管理や請求書支払いのバックオフィスの問題であり、これに対する実際の解決策がなかったことです」とNgo氏はTechCrunchに語りました。

その後、Ngo氏はサンフランシスコのThe Wharton Schoolの経営学修士プログラムでCharley Howe氏に出会いました。彼らはこの問題を解決する方法について意見を交換しました。Howe氏は18年間ウォール街で過ごした後、Citi Venturesに移り、早期および成長段階のFintechスタートアップへの投資を共同でリードしました。

彼らは共同でMakersHubを設立し、伝統的なシステムよりも正確に請求書や領収書のすべてのデータフィールドを抽出して文脈化する独自のWiseVisionテクノロジーを開発しました。また、同社はデータを理解するために言語モデルを活用しています。さらに、各ユーザーが自らの行動からシステムを学習させるための場所も組み込んでいます。

簡単に言えば、この技術は顧客が以下のようなことを実現できるよう設計されています:

  • 請求書と領収書のデータを即座にキャプチャすること。
  • ルールに基づいた承認と権限フローを行うこと。
  • 記録をQuickBooksに自動マッピングすること。

MakersHub Pay

Ngo氏とHowe氏によれば、MakersHubを使用することで、顧客は通常の給与支払い業務(レビューおよび承認から支払いまで)を、おおよそ90%も速く完了できます。

「このようなことを行うと主張する伝統的なAPシステムがいくつも存在しますが、私たちはもともと調達側に注力していました。しかし、調達システムを使用していないものも含めて、全ての購入に対応したシステムを開発できるかという要望が連続的に寄せられました」とHowe氏はTechCrunchに話しました。

これにより、請求書支払いの革新を考える議論が始まり、支払いのデジタル化の可能性に目を向けるようになりました。

現在、MakersHub Payは最新機能として提供されており、それは「アカウント支払いフロー内に埋め込まれた次世代の支払い」とされています。会計システムを会社の財務神経系の中心に置くことにより、MakersHubは支払いデータが正確に会計システムの記録や支払人・受取人の銀行明細書にマッピングされるようにします。

その目標は、中小企業が紙の小切手や請求書をデジタル化し、ある程度の効率を持って発行できるようにすることです。

「私たちのユーザーは、基礎情報の程度、深さ、および正確さが非常に重要であるため、その情報が異なるシステムの連続を横断してフローする必要がありますが、伝統的なプラットフォームはそれを実現できません」とHowe氏は述べました。

同社は、デザインパートナー数社とともに2023年の第1四半期に立ち上げられて以来、着実に成長しています。

Ngo氏とHowe氏は、最近数か月にわたって埋め込み型の支払い機能を開始し、MakersHubを通じて約2,000万ドルの総取引高を処理している顧客約20社が存在していると述べています。

この追加機能により、彼らは「Stripeやその他のようなサードパーティの支払いを利用せずに、完全なサービスの支払いプロセッサとなった」と述べています。

「私たちは、ユーザーエクスペリエンスを制御し、ビジネスモデルの柔軟性を広範に持つことが非常に重要だと考えていました」とHowe氏は語りました。

資金調達に関しては、現在までに450万ドルのベンチャーキャピタルを調達しています。同社はビジネスのマーケット展開を構築し、現在いくつかのマーケット展開の役割に積極的に求人募集しており、Ngo氏とHowe氏がそれらの役割から離れることを目指しています。

「私たちの考え方は、制御可能で耐久性のある方法で成長し、問題を実証し、解決策を実証し、100%の能力でそれらの学びを処理することです」とHowe氏は述べました。「今では本当に機能するトラップを持っており、次の数四半期で非常に積極的に拡大しようと考えています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments